2008年6月 1日 (日)

1_2

7年ほど前、台湾茶にはまっちゃったことがある

もちろん今でも好きだけど、

あの頃はこのすばらしい台湾の宝をぜひとも多くの人に知ってもらいたい!と

ネットで茶葉や茶器を売ることを生業にしようと思うほどのはまりようだった

2・3ヶ月で自分には商売人の細胞がないことに気づいてやめたけど(^^;)

  

今はティータイムを自分なりに楽しむだけ

今日は台湾茶のコンクールで審査員が使う茶器を使って入れてみた

この茶器はシンプルでお手入れも簡単なので使いやすい

すごく気に入っているので

手に入った時は日本の知り合いへのおみやげに使う

私がプレゼントした方々、以下ご参考くだされ~

  

2

茶葉は底が見えなくなるくらい入れる

今日はケチって少なめに入れてしまったので

薄めなお味になってしまった、、、

優雅な時間を過ごしたかったらケチってはいけませんな

   

3_2

はじめに急須に注いだお湯は10秒ほど待って湯飲みに移す

茶葉をすすぐ効果と湯飲みを温める効果があるらしい

その後あふれるくらい急須に湯を注ぎいれたら、

ふたをして、湯のみに入れたお湯も急須の上からかける

急須を温めて茶葉をより効果的に広げる効果があるとか

  

4

好みによるけど1・2分待ってお茶を湯飲みに移す

ふたの取っ手を湯飲みのふちにかけると

ずっと持ったままじゃなくてもお茶が全部落ちるまで置いておける

 

5

茶葉はこんなにでっかくなる

今回はケチったのでお茶の色も薄め(^^;)

  

6

今日は鶯歌で買った台を使用

穴が開いているので載せた急須にお湯をかけると下にたまる

  

7

このような台がなくてもボールがあれば

その中に急須をいれてお湯をかけることができる

  

8

マグカップに直接注ぐこともできるよ

  

茶葉は7・8回繰り返して入れられるって聞くけど

いつもだいたい4回くらい入れると

でがらしみたいな味がする、と感じるのは私だけ?

まぁ、4杯も飲みゃおなかもタポタポだけどね

   

プロの使い方と違うかもしれないけど

自分なりに楽しめればそれでいいのさっ

<お茶屋さんの説明も店によって微妙に違うしね

     

| | コメント (10)

2007年3月18日 (日)

新生活への準備(3)

前回書いてからずいぶん経ちましたが、たいした進展がないまま今日に至ってます

とりあえず転居届出したり、電気やガスの契約したりは済んでます

あとベランダに窓つけたり、エアコンや給湯器つけたりは

私が帰国している間に夫が済ませてくれました

まだ修論書き終わってないので罪悪感でなかなか準備する気になれなかったのもあって、

家具揃えたりするのが長引いてしまったのですが、

住んでもないのに光熱費の請求がきっちり来るのは悔しい!

ということで、一週間ほど前から思い切って重い腰上げて作業開始しました

 

で、目覚めちゃいました、DIYヽ(°∀°)ノ

はじめはメタルラック買いに、台湾の東急ハンズ的存在“特力屋”に行っただけだったのが、

いろんなDIYグッズが目についちゃって、

「簡単なのなら私でもやれるんじゃん?」なんて思ったのがことの始まり

浴室につけるライトを買ってきてさっそくつけてみるとメッチャ楽しい!!!

調子こいて次の日また台所につけるライトを買いに行っちゃいました

 

新居の台所はちょっと長細いので、長い蛍光灯をつけようと物色していると

スタッフのお兄さんがいろいろアドバイスをしてくれました

浴室のライトは勘でつけたんですが、

実は絶縁テープを巻かなきゃいけない、とか

W(ワット)は明るさをさすのではなく消費電力をさすのだ、とか

ためになること、安全に関わることを丁寧に教えていただきました

<イヤ、お恥ずかしい、、、知らなかったことばかり、、、

さっそく帰って浴室のライトを付け直し、台所の蛍光灯もつけてみました

P3170006 P3170007

ジャジャ~ン!

っていうほどのものでもないかもしれませんが、

私にとっては力作、明かりがついた瞬間なんか思わず“ひとり拍手喝采”しちゃいました

 

はしごと電動ドライバーもゲットして、明日は部屋のライトと本棚にチャレンジだいっ!

<え、修論は?

 

B&Q特力屋 仁徳店

23m1_1

| | コメント (4)