2008年2月 8日 (金)

Chimaki0801001_2

台湾の畳でくつろぐ息子<後ろは同じくくつろぎ伸びきっているおっさんおっと

とうとうこちらに連れてきてしまった

続きを読む ""

| | コメント (4)

2006年12月 3日 (日)

新生活への準備(2)

今日は"験屋"をしに行きました

"験屋"とは、購入物件の施工に問題がないか、

業者の人といっしょにチェックすること

これで問題がなければ、晴れて物件お引渡し~、と相成るわけです

 

私ってばもう今日お引渡しだわ!と思い込んで、

掃除の道具持って行って掃除始めた方がいいかな、とか

温水器の設置を業者に頼んでおいた方がいいんじゃないかな、とか

いろいろ心配しておりました

 

だぁーがっ、そんなに甘くはないのです(´-ω-`)

 

夫はかなづちとかマジックとか水平かどうか測る道具とかカメラとか、

探検にでも行くの?ってくらいいろんなグッズを準備していざ出陣!

 

部屋に着くなりまずすべてのコンセントの電気が通っているか

小さいルームライトを使ってチェック!

 

次に蛇口やシャワーの水圧、排水溝の水の流れをチェック!

 

ドア・窓の開閉、網戸に問題がないかチェック!

 

床が水平かどうかチェック!

 

かなづちでたたきながら、床の内部に空洞がないかチェック!

 

どうも最近家を買った同僚たちにチェック項目を聞いて来たようだ

次々とチェックしていった結果、

 

排水溝の流れが悪い、

床内部の空洞が20数箇所、

天井から出ている照明器具のための電線や火災報知器の周りから

浅く亀裂が入っている、

 

などなど、問題箇所が続出∑( ̄口 ̄)

さっそく業者に伝えてすぐ直してもらうことになったけど、

10日くらいはかかるらしい

 

ウチの引越しと、台湾新幹線の営業開始、

どちらが早いか、いい勝負になりそうです(T_T)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新生活への準備(2)

今日は"験屋"をしに行きました

"験屋"とは、購入物件の施工に問題がないか、

業者の人といっしょにチェックすること

これで問題がなければ、晴れて物件お引渡し~、と相成るわけです

 

私ってばもう今日お引渡しだわ!と思い込んで、

掃除の道具持って行って掃除始めた方がいいかな、とか

温水器の設置を業者に頼んでおいた方がいいんじゃないかな、とか

いろいろ心配しておりました

 

だぁーがっ、そんなに甘くはないのです(´-ω-`)

 

夫はかなづちとかマジックとか水平かどうか測る道具とかカメラとか、

探検にでも行くの?ってくらいいろんなグッズを準備していざ出陣!

 

部屋に着くなりまずすべてのコンセントの電気が通っているか

小さいルームライトを使ってチェック!

 

次に蛇口やシャワーの水圧、排水溝の水の流れをチェック!

 

ドア・窓の開閉、網戸に問題がないかチェック!

 

床が水平かどうかチェック!

 

かなづちでたたきながら、床の内部に空洞がないかチェック!

 

どうも最近家を買った同僚たちにチェック項目を聞いて来たようだ

次々とチェックしていった結果、

 

排水溝の流れが悪い、

床内部の空洞が20数箇所、

天井から出ている照明器具のための電線や火災報知器の周りから

浅く亀裂が入っている、

 

などなど、問題箇所が続出∑( ̄口 ̄)

さっそく業者に伝えてすぐ直してもらうことになったけど、

10日くらいはかかるらしい

 

ウチの引越しと、台湾新幹線の営業開始、

どちらが早いか、いい勝負になりそうです(T_T)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

久々のカルチャーショック

昨日久々にカルチャーショックを受けて、ちょっとブルーに入ってます

 

買い物をしたんです

私じゃなくて夫なんですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション買ったんです

 

もう本当にあっという間に決まってしまって、

まさに「町をブラブラしてたらいい物があったからつい買っちゃった~」みたいな

 

いや、一応一晩考えたんですが、

こういうものって、普通はもっともっと考えるモンですよね

 

まぁ、それはいいんです

とても気に入った物件だったし、縁があったんだと思います

 

ショックを受けたのは最速で大枚はたいてしまったからではなく、

建設会社の売り方に対してです

 

もちろん家なんて買うの初めてだし、

どういう売り込みの仕方が一般的なのかは詳しくありませんが、

私の中のイメージでは、

 

まずモデルルーム見学

売り手は図面を見せながら詳しい説明をする

買い手は気に入れば何度も足を運び、

寸法・材質・日照程度・セキュリティー・周辺環境などなど詳しく確認

物件にトコトン納得いけば晴れて契約~!

 

簡単なステップとしてはこんな感じじゃないでしょうか

 

こんな買い物一生に何度もあることじゃないし、

この物件で今後の人生をずっと過ごすと思うんです

 

だから物件のことをくわし~~~~~く確認したかったんです

 

実はここ最近幾つかの物件を見たり、

マンションを買う時の注意事項なんかをネットでチェックしたりしてたんです

だから昨日は今まで勉強したことを活かして理解を深めなきゃ!って

そりゃあすごい意気込みでしたよ、私

 

それが今日夫と、夫の両親と再びマンションを訪れると、

物件を見るのもそこそこに、値段交渉が始まっちゃったんです(+o+)

なんか順番跳ばしてない?

 

ところで、日本ではマンション買う時値切れるんでしょうか?

 

私はどんな買い物であれ、値切るのが苦手、いや、全くやる気なし

でも夫とお義母さんはすごかった

台湾人の本領最大限発揮です

 

すごかったといっても喋り捲って畳み掛けるやり方じゃなくて、

静かに、でも確実にジリジリと相手の守りを崩していくんです

気の弱い私はただ、ただぼー然

 

私の頭にあるのは

「バスタブちっちゃいけど大きいサイズに変えられるのかな」

とか

「トイレ2ついらないから、浴室に脱衣所ほしいな」

とか

「BS付けたかったらどうやってアンテナの線通すんだ?」

とか、そんなことばっかです

 

だいたい物件の資料が平面図しかない、しかも寸法書いてないし。

寸法書いてある断面図くれって言ったら

「そんなの何に使うの?寸法ならさっき教えたでしょ」って、

 

口頭で言われた寸法のどこに保障があるんじゃい、

詳しい図面渡すのは基本だろーがっ!

 

しかし、私の心の叫びは伝わらず。

何だか私がトンチンカンなこと聞いてる雰囲気に持っていかれちゃうんです

でもひるんではいかん!と思って頑張りました

 

私「内装を考える時とかに必要でしょ」

 

販売員「そんなの買ってから確認すればいいのよ」

 

私「買ってからこの配管の位置じゃ困るとかわかっても遅いでしょ、

  こういう事前確認は大切だと思うんだけど」

 

販売員「不重要了啦!」<意訳:契約の方が大切よ!うるさいわねっ

 

 

 

かくして私の出番は終わりました。

 

 

その後値段交渉は1時間近くに及び、気がつくと契約書書き始め、

あれよあれよと言う間に手続き完了~

 

 

 

 

なんだか虚しい、、、

すごく値切れてうれしいはずなのに、

内装や新しい家具のことなんか考えてウキウキなはずなのに、

何なんだろう、このぬぐいきれない敗北感は、、、

そして夫と夫の両親の世渡りの実力に遠く及ばないこのふがいなさ

 

聞きたいことが聞けなかったのは果たして考え方の違いゆえか、

ただ自分に伝える能力(言語能力以前の)がなかったからなのか

 

今後、台湾で大きな勝負に出るようなことは一人ではできないと、

強く実感させられた出来事でした<どうせ元手がないんだけどね

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

久々のカルチャーショック

昨日久々にカルチャーショックを受けて、ちょっとブルーに入ってます

 

買い物をしたんです

私じゃなくて夫なんですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション買ったんです

 

もう本当にあっという間に決まってしまって、

まさに「町をブラブラしてたらいい物があったからつい買っちゃった~」みたいな

 

いや、一応一晩考えたんですが、

こういうものって、普通はもっともっと考えるモンですよね

 

まぁ、それはいいんです

とても気に入った物件だったし、縁があったんだと思います

 

ショックを受けたのは最速で大枚はたいてしまったからではなく、

建設会社の売り方に対してです

 

もちろん家なんて買うの初めてだし、

どういう売り込みの仕方が一般的なのかは詳しくありませんが、

私の中のイメージでは、

 

まずモデルルーム見学

売り手は図面を見せながら詳しい説明をする

買い手は気に入れば何度も足を運び、

寸法・材質・日照程度・セキュリティー・周辺環境などなど詳しく確認

物件にトコトン納得いけば晴れて契約~!

 

簡単なステップとしてはこんな感じじゃないでしょうか

 

こんな買い物一生に何度もあることじゃないし、

この物件で今後の人生をずっと過ごすと思うんです

 

だから物件のことをくわし~~~~~く確認したかったんです

 

実はここ最近幾つかの物件を見たり、

マンションを買う時の注意事項なんかをネットでチェックしたりしてたんです

だから昨日は今まで勉強したことを活かして理解を深めなきゃ!って

そりゃあすごい意気込みでしたよ、私

 

それが今日夫と、夫の両親と再びマンションを訪れると、

物件を見るのもそこそこに、値段交渉が始まっちゃったんです(+o+)

なんか順番跳ばしてない?

 

ところで、日本ではマンション買う時値切れるんでしょうか?

 

私はどんな買い物であれ、値切るのが苦手、いや、全くやる気なし

でも夫とお義母さんはすごかった

台湾人の本領最大限発揮です

 

すごかったといっても喋り捲って畳み掛けるやり方じゃなくて、

静かに、でも確実にジリジリと相手の守りを崩していくんです

気の弱い私はただ、ただぼー然

 

私の頭にあるのは

「バスタブちっちゃいけど大きいサイズに変えられるのかな」

とか

「トイレ2ついらないから、浴室に脱衣所ほしいな」

とか

「BS付けたかったらどうやってアンテナの線通すんだ?」

とか、そんなことばっかです

 

だいたい物件の資料が平面図しかない、しかも寸法書いてないし。

寸法書いてある断面図くれって言ったら

「そんなの何に使うの?寸法ならさっき教えたでしょ」って、

 

口頭で言われた寸法のどこに保障があるんじゃい、

詳しい図面渡すのは基本だろーがっ!

 

しかし、私の心の叫びは伝わらず。

何だか私がトンチンカンなこと聞いてる雰囲気に持っていかれちゃうんです

でもひるんではいかん!と思って頑張りました

 

私「内装を考える時とかに必要でしょ」

 

販売員「そんなの買ってから確認すればいいのよ」

 

私「買ってからこの配管の位置じゃ困るとかわかっても遅いでしょ、

  こういう事前確認は大切だと思うんだけど」

 

販売員「不重要了啦!」<意訳:契約の方が大切よ!うるさいわねっ

 

 

 

かくして私の出番は終わりました。

 

 

その後値段交渉は1時間近くに及び、気がつくと契約書書き始め、

あれよあれよと言う間に手続き完了~

 

 

 

 

なんだか虚しい、、、

すごく値切れてうれしいはずなのに、

内装や新しい家具のことなんか考えてウキウキなはずなのに、

何なんだろう、このぬぐいきれない敗北感は、、、

そして夫と夫の両親の世渡りの実力に遠く及ばないこのふがいなさ

 

聞きたいことが聞けなかったのは果たして考え方の違いゆえか、

ただ自分に伝える能力(言語能力以前の)がなかったからなのか

 

今後、台湾で大きな勝負に出るようなことは一人ではできないと、

強く実感させられた出来事でした<どうせ元手がないんだけどね

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

ウーロン事件-その③免許篇

 

こちらで普通免とバイクの中免をとった

居留証で台湾にいる人の免許は

居留証の期限=免許の期限となる

<台湾人の場合、基本的に普通免は7年、中免は5年

 

と言っても日本のようにウルサイわけではなく、

期限を過ぎてしばらく放置しておいても

忘れ失効などにはまずならない

普通に更新に行けば、普通に更新してくれる

 

そんなアバウトな台湾だけど、

外国免許の切り替えにはちょっと厳しい

厳しいというか、国によって対応が違って

要はその国が台湾の免許を持っていって切り替えするかどうかで決まる

※「平等互惠原則」中文英文

 

日本では台湾の免許があってもそのまま切り替えできないので

台湾も日本の免許ではそのまま切り替えしてくれない

 

何でも12・3年前までは簡単に切り替えできたらしい

 

そのおかげで私は10000元ほどかけて

公認の自動車学校に行き、こちらの免許を取得

まぁ、日本では30万円くらいかけたので、安いものかな

<はっきり言って落ちこぼれだった、、、

 

そんなこんなでせっかくお金と時間をかけて取った免許だから

いくら忘れ失効はないと言っても

やはり更新はしておこう、ということで居留証の更新を機に免許センターへ

 

今回も期限が1年近く過ぎていたが難なくクリア♪

免許証の裏に居留証の期限が書き込まれた紙をペタッと貼って、終わり

今回は手数料がかからなかったけど、

上記の一般国民の更新時には手数料がいる(現行では200元)

 

実はこれもウーロンな過去があって

バイクの免許を取ったばかりのころ(2001年ごろ)は

居留証の期限に合わせて更新に行くごとに手数料がかかっていた

 

たぶん誰かが文句を言って、

居留証を持っている人に関しても、

手数料をとるのは一般の更新期間に達した時だけになったんだと思う

 

今回は珍しくトラブルもなかったし、ブログでグチらずに済んだ~と

思っていたそんなある日、、、

 

ふと、交流協会のHPを見ていると

 

自動車運転免許証抜粋証明事務の開始 

 

のお知らせ

 

??ナニかな??

 

興味津々で見てみると、

日本の免許証を交流協会に持っていけば

中国語の証明を出してくれるとの事(手数料600元)

 

??ナンデそんな証明が必要なの??

 

とますます知りたくなり台南監理站(免許センター)のHPやら

INFORMATION FOR FOREIGNERSのHPを見てわかったことは

 

日本の免許証があったら、

台湾の自動車免許を申請する時、

自動車教習所の修了証もしくは仮免(學習駕駛證)が不要

(でも適性検査、簡単な筆記試験及び路上試験は必要)

 

 

え、ということは

教習所にかけたお金8500元はいらなかったってこと?

私、また間抜けてた?

 

こっちで免許とって以来、ほとんどペーパードライバーだったのに(T_T)

 

 

[372228.jpg] 

南部の教習所の車には夏の暑さをしのぐため

屋根がついている

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウーロン事件-その③免許篇

 

こちらで普通免とバイクの中免をとった

居留証で台湾にいる人の免許は

居留証の期限=免許の期限となる

<台湾人の場合、基本的に普通免は7年、中免は5年

 

と言っても日本のようにウルサイわけではなく、

期限を過ぎてしばらく放置しておいても

忘れ失効などにはまずならない

普通に更新に行けば、普通に更新してくれる

 

そんなアバウトな台湾だけど、

外国免許の切り替えにはちょっと厳しい

厳しいというか、国によって対応が違って

要はその国が台湾の免許を持っていって切り替えするかどうかで決まる

※「平等互惠原則」中文英文

 

日本では台湾の免許があってもそのまま切り替えできないので

台湾も日本の免許ではそのまま切り替えしてくれない

 

何でも12・3年前までは簡単に切り替えできたらしい

 

そのおかげで私は10000元ほどかけて

公認の自動車学校に行き、こちらの免許を取得

まぁ、日本では30万円くらいかけたので、安いものかな

<はっきり言って落ちこぼれだった、、、

 

そんなこんなでせっかくお金と時間をかけて取った免許だから

いくら忘れ失効はないと言っても

やはり更新はしておこう、ということで居留証の更新を機に免許センターへ

 

今回も期限が1年近く過ぎていたが難なくクリア♪

免許証の裏に居留証の期限が書き込まれた紙をペタッと貼って、終わり

今回は手数料がかからなかったけど、

上記の一般国民の更新時には手数料がいる(現行では200元)

 

実はこれもウーロンな過去があって

バイクの免許を取ったばかりのころ(2001年ごろ)は

居留証の期限に合わせて更新に行くごとに手数料がかかっていた

 

たぶん誰かが文句を言って、

居留証を持っている人に関しても、

手数料をとるのは一般の更新期間に達した時だけになったんだと思う

 

今回は珍しくトラブルもなかったし、ブログでグチらずに済んだ~と

思っていたそんなある日、、、

 

ふと、交流協会のHPを見ていると

 

自動車運転免許証抜粋証明事務の開始 

 

のお知らせ

 

??ナニかな??

 

興味津々で見てみると、

日本の免許証を交流協会に持っていけば

中国語の証明を出してくれるとの事(手数料600元)

 

??ナンデそんな証明が必要なの??

 

とますます知りたくなり台南監理站(免許センター)のHPやら

INFORMATION FOR FOREIGNERSのHPを見てわかったことは

 

日本の免許証があったら、

台湾の自動車免許を申請する時、

自動車教習所の修了証もしくは仮免(學習駕駛證)が不要

(でも適性検査、簡単な筆記試験及び路上試験は必要)

 

 

え、ということは

教習所にかけたお金8500元はいらなかったってこと?

私、また間抜けてた?

 

こっちで免許とって以来、ほとんどペーパードライバーだったのに(T_T)

 

 

[372228.jpg] 

南部の教習所の車には夏の暑さをしのぐため

屋根がついている

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

ウーロン事件ーその②クレジットカード篇

 

5年ほど前から台湾のクレジットカードを使っている

 

作った当初は使用期間は一般と同じだったのだが

去年から外国人のカードの期限は

居留証の期限が切れる前の月までとする法律ができた

 

その①にも書いたとおり、私の場合、居留証の期限が5月末で

警察からの通知に2週間前から更新手続き開始、とあったので

4月にカードの期限が切れてから少しの間

カードの使用が中断になってしまったのだ!!!

 

中断になってしまった、すなわち

 

今まで引き落としにしてた部屋&携帯&国際電話の電話代

また始めっから手続きしに行かなきゃならないってこと

めんどくせーっ┻━┻ミ\(≧ロ≦\)オリャァァァァァ!!!

 

それもこれも、警察からの通知に1ヶ月前から更新できることが書いてなかったせいじゃ、

ムキーッannoy

 

しかし、、、ここでは「2週間前」と書かれている通知を見ても

とりあえず一ヶ月くらい前に行ってみるのが普通なのだ

思いつかなかった私が間抜け扱いされるだけなのだ_| ̄|○

 

まだまだ修行が足りないな、私ε=( ̄。 ̄;)フゥーッ

 

 

その③免許篇につづく(まだあんのかよっ)

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ウーロン事件ーその②クレジットカード篇

 

5年ほど前から台湾のクレジットカードを使っている

 

作った当初は使用期間は一般と同じだったのだが

去年から外国人のカードの期限は

居留証の期限が切れる前の月までとする法律ができた

 

その①にも書いたとおり、私の場合、居留証の期限が5月末で

警察からの通知に2週間前から更新手続き開始、とあったので

4月にカードの期限が切れてから少しの間

カードの使用が中断になってしまったのだ!!!

 

中断になってしまった、すなわち

 

今まで引き落としにしてた部屋&携帯&国際電話の電話代

また始めっから手続きしに行かなきゃならないってこと

めんどくせーっ┻━┻ミ\(≧ロ≦\)オリャァァァァァ!!!

 

それもこれも、警察からの通知に1ヶ月前から更新できることが書いてなかったせいじゃ、

ムキーッannoy

 

しかし、、、ここでは「2週間前」と書かれている通知を見ても

とりあえず一ヶ月くらい前に行ってみるのが普通なのだ

思いつかなかった私が間抜け扱いされるだけなのだ_| ̄|○

 

まだまだ修行が足りないな、私ε=( ̄。 ̄;)フゥーッ

 

 

その③免許篇につづく(まだあんのかよっ)

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

ウーロン事件ーその①居留証篇

 

今日は自分がいかに間抜けなヤツかを思い知った一日でしたgawk

 

①居留証の延期手続き

少し前警察から延期手続きに来るようお知らせが来ていた

これまで年に一回やってきているので

「はいはい、わかってますよ」とのんきに構えていた

 

お知らせには2週間前から手続き開始、とあった

と言うか、それしか書いてなくて、持ってくるものなどの事項は

まったく載ってなかった

そして私も調べることすら思いつかなかった

 

そして今日、警察に行ってみると

1ヶ月前からできたことが発覚

 

<まぁ、お知らせに書いてあることは

当てにならないのはこちらの常識、

落ち着け、私、、、プルプル

 

実は今まで学生ビザで申請していたのだが

去年から結婚ビザで申請

この地区の警察では結婚ビザでの申請の場合、

戶口名簿(各家庭で常備している世帯証明証のようなもの)

を持っていかなければならなかったことも発覚

 

<お知らせに書いとけ、ボケッッッ∑( ̄口 ̄)

 

その時渡された紙切れがこれ↓

[344770.jpg] 

 

一、配偶者の戸口名簿原本(コピーは警察でやってくれた)

二、パスポート

三、現行の居留証

四、一年ごとの手数料1000元

五、延期手続きは期限が切れる一ヶ月前から

 

>はぁ?紙切れ用意してあるってことは出直しさせること

   前提ですかぁ、って言うかこれお知らせに書いとけよっ!

 

暴れそうになった自分を抑え、しかたなく戶口名簿を握りしめ出直すと、

今回から有効期間3年のタイプを申し込めることも発覚

 

私「あ、じゃ、それでお願いします」

警察A「あなたのパスポート、有効期間が1年未満だからだめです

 

<知ってたら更新しとくんだったのに(T_T)

 

とても暗い気持ちになって警察署をあとにした私であった、、、

 

その②クレジットカード篇へつづく

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧