2006年7月26日 (水)

プルペラ

テレビを見ていたらヘリコプターが出てきた

 

夫「あ、プペラ」

私「プペラだよ、プロペラがどうしたの?」

夫「え?プロペラなの?

  子供の時からずっと”プペラ”って言ってきた」

 

なるほど、どうも台湾語の中の外来語らしい

<ラリオ(ラジオ)、ロライバ(ドライバー)の類

 

夫「たぶんあの羽根が回る音が”プルペラ、プルペラ”っていうから、

  プルペラって言うようになったんだな」

私「え、羽の英語が”propeller”っていうからじゃん?」

夫「え!?直昇機(ヘリコプターの中国語)自体が”プルペラ”じゃないの??」

 

つまり、夫はヘリコプターはその音から”プルペラ”と呼ぶのだ、

とずっと思っていたらしい

日本人が電子レンジを「チン」と呼んでるようなもんでしょうか

 

それにしても、夫には羽の回転音が”プルペラ、プルペラ”と

聞こえてたのかと思うと、かなり受けちゃいました

あ、でも”ブルン、ブルン”も外国人からしてみたら

やっぱヘンですよね(^^;

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

プルペラ

テレビを見ていたらヘリコプターが出てきた

 

夫「あ、プペラ」

私「プペラだよ、プロペラがどうしたの?」

夫「え?プロペラなの?

  子供の時からずっと”プペラ”って言ってきた」

 

なるほど、どうも台湾語の中の外来語らしい

<ラリオ(ラジオ)、ロライバ(ドライバー)の類

 

夫「たぶんあの羽根が回る音が”プルペラ、プルペラ”っていうから、

  プルペラって言うようになったんだな」

私「え、羽の英語が”propeller”っていうからじゃん?」

夫「え!?直昇機(ヘリコプターの中国語)自体が”プルペラ”じゃないの??」

 

つまり、夫はヘリコプターはその音から”プルペラ”と呼ぶのだ、

とずっと思っていたらしい

日本人が電子レンジを「チン」と呼んでるようなもんでしょうか

 

それにしても、夫には羽の回転音が”プルペラ、プルペラ”と

聞こえてたのかと思うと、かなり受けちゃいました

あ、でも”ブルン、ブルン”も外国人からしてみたら

やっぱヘンですよね(^^;

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

オイチー

"トトイケ"に続くカタカナ台湾語第2弾

って言うか、私、台湾にこんなに長くいるのに

本当に台湾語わかってない、情けな、、、(_ _。)・・・シュン

 

で、"オイチー"は何かというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 [322367.jpg]

 

からすみでした~

 

今日、冷凍庫にあったのを夕食に出したら

 

「あ、オイチーじゃん」と舅。

 

え??そんな、幼児言葉で言うほど味に感動した?

と思ったら、からすみのことを台湾語で言っていただけでしたヾ(;´▽`A``

 

正確には「オチー」らしいのですが、

速く言われると、私には「オイチー」と聞こえてしまうのです(*゜ー゜*)ポッ

 

何かミョーに感動した夕食でした

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オイチー

"トトイケ"に続くカタカナ台湾語第2弾

って言うか、私、台湾にこんなに長くいるのに

本当に台湾語わかってない、情けな、、、(_ _。)・・・シュン

 

で、"オイチー"は何かというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 [322367.jpg]

 

からすみでした~

 

今日、冷凍庫にあったのを夕食に出したら

 

「あ、オイチーじゃん」と舅。

 

え??そんな、幼児言葉で言うほど味に感動した?

と思ったら、からすみのことを台湾語で言っていただけでしたヾ(;´▽`A``

 

正確には「オチー」らしいのですが、

速く言われると、私には「オイチー」と聞こえてしまうのです(*゜ー゜*)ポッ

 

何かミョーに感動した夕食でした

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

ビン南語ウィキペディア

知らなかった、

でもこのサイト、ほとんどローマ字表記

 

以前、教会でビン南語習った時はローマ字で教えてたけど、

台湾では、大部分の人がビン南語はしゃべるだけで、

書くことはあまりないし、

表記するとしたら漢字の当て字を使っている

 

いったいどれだけの人が利用できるんだろう?

 

以下、ビン南語ウィキペディアからの引用:

 

閩南語は話せますか?この言葉はシナ-チベット語族に属する言葉である。ビン南語が中国福建語の方言であるか、独自の言語であるかは言語学上の論争がある。福建省南部とは具体的に漳州、泉州、アモイ(廈門)地方を意味し、この地方から台湾、広東省潮州、スワトウ(汕頭)地方、浙江省南部、海南省や東南アジアのシンガポール、マレーシア、タイへ移住した者が多く、これら地方のビン南(福建南部)系住民の間でも話されている。

ビン南語は東南アジアではホッケン(Hokkien) とも呼ばれる。客家語(ハッカご)と紛らわしいが、「福建」の意味である。台湾では台湾語もしくはホーロー語 (Holo) とも呼ばれる。これは台湾の国語である標準中国語(北京語)と区別するために台湾土着の言葉として使用される。(オーストロネシア語族系台湾原住民の言葉は更に古く全く系統が違うので注意する必要がある)

方言学的にはビン台グループ(漳州語、泉州語、アモイ(廈門)語、台湾語と海外ビン南語)、浙南グループ、潮汕グループ、海南グループに分類される。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビン南語ウィキペディア

知らなかった、

でもこのサイト、ほとんどローマ字表記

 

以前、教会でビン南語習った時はローマ字で教えてたけど、

台湾では、大部分の人がビン南語はしゃべるだけで、

書くことはあまりないし、

表記するとしたら漢字の当て字を使っている

 

いったいどれだけの人が利用できるんだろう?

 

以下、ビン南語ウィキペディアからの引用:

 

閩南語は話せますか?この言葉はシナ-チベット語族に属する言葉である。ビン南語が中国福建語の方言であるか、独自の言語であるかは言語学上の論争がある。福建省南部とは具体的に漳州、泉州、アモイ(廈門)地方を意味し、この地方から台湾、広東省潮州、スワトウ(汕頭)地方、浙江省南部、海南省や東南アジアのシンガポール、マレーシア、タイへ移住した者が多く、これら地方のビン南(福建南部)系住民の間でも話されている。

ビン南語は東南アジアではホッケン(Hokkien) とも呼ばれる。客家語(ハッカご)と紛らわしいが、「福建」の意味である。台湾では台湾語もしくはホーロー語 (Holo) とも呼ばれる。これは台湾の国語である標準中国語(北京語)と区別するために台湾土着の言葉として使用される。(オーストロネシア語族系台湾原住民の言葉は更に古く全く系統が違うので注意する必要がある)

方言学的にはビン台グループ(漳州語、泉州語、アモイ(廈門)語、台湾語と海外ビン南語)、浙南グループ、潮汕グループ、海南グループに分類される。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)