2009年6月 7日 (日)

高雄市立美術館でバービーちゃんの特別展をやっていると聞き、

バービーちゃんと遊んだこともなく、特別な思い入れもないけど、

展示デザインに興味があったので行ってみました。

高雄は暑かった(>_<)

サングラスかけてても、かけてないみたいな視界、

真っ白。ゲレンデじゃないけど、照り返しで焼けると言うより焦げそう(^_^;)

  

高美館は広~い公園の中にあり、夕方なんかは

市民が夕涼みに集まってきますが、

昼間は掃除のおじちゃんやおばちゃんがちらほら作業をしてるだけ。

ハイビスカスが大量に咲いてました。

    

   

高美館の正面には旗が掲げられてて、

バービー展はフランスの機関との共同展示なので

フランスの国旗も掲げられてました。

その下には何か標識が。。。

  

“ポールダンス禁止”

  

実はこの標識はパブリックアートで、公園のあちこちに立てられてました。

ププッ、この遊び心、好きです♪

ほかのも探してみよう~っと。

  

付属のこども美術館の前には

  

“野放し禁止”

   

実は日ごろからサルのように傍若無人な子供を野放しにしている様子を見て、

このような標識があれば、と願うていたのです。

『私が意地悪なだけ?』と思って、誰にも言えませんでしたが、

代弁していただけました^m^

  

英語見ると普通なんですが、

中国語の“阿魯巴”っていうのは、『アルバ』と読んで、

男同士で兵役の時とかにする儀式みたいなもんらしいです。

何でも誰かターゲットを決めて抱え上げ、

その人の股間を“股裂きの刑”がごとく柱等にぶつける(もしくはまねだけ?)、

という儀式らしい。。。

何のための儀式か、とか、何で『アルバ』と呼ぶのかわかりません。

以前日本語クラスの学生さんに『アルバは日本語ですか?』って聞かれたけど、

そうなの?謎です。。。(・・?

  

その他の写真はココ↓

  

バービー展はとても興味深かったです。

何人かの女性のフランスの建築家と台湾の服飾デザイナーが

共同作業で作った作品が展示されているのですが、

作品によって、全然違うバービーワールドが繰り広げられています。

また、台湾の女性建築家による作品もあれば、

台湾の男性アーティストによる、

バービーのボーイフレンド、ケンを主役にした作品もありました。

バービー自体を鑑賞するというよりも、

バービーを通して、現代社会を考える展示じゃないかと思います。

あ、別にそんなに難しくないか(^_^;)

何はともあれ、お勧めですよん♪

  

芭小姐的異想家居

| | コメント (4)

2008年8月 4日 (月)

080803001

論文の進度が遅い

自分がダラダラやってるからしかたがないが、

いくら焦りを感じてもスピードが上がらない

 

論文に出てくる博物館施設のフィールドワークもあるけど

一日がかりなのでその日はまったく書けないことになる

それが怖くてフィールドワークは後回しにしてたけど

家にいてもどうせ進まないということが今更身にしみてわかってきたので、

とりあえず重い腰を上げて出向いてみることにした

  

高雄にある10くらいの施設に出向かなければならないのだけど

今日はとりあえず2つ回るのを目標に家を出た

しかし、実は今日は何をしてもうまく行かない日だったらしい

まず出かけ、地下の駐車場に降りる度に忘れ物に気づき、

何度も部屋までエレベーターで往復

挙句の果て、やっとたどり着いた駅で

財布に100元(350円ほど)しかないことに気づく(爆)

  

アクセスのバリアフリーを調べるため、公共の交通機関を利用するつもりだったが

時刻はもう2時前、このままだといつ高雄にたどり着けるかわからないので

仕方なく車で行くことにした

  

一つ目の標的、“高雄市眷村文化館”は

高雄の有名な観光地である“蓮池潭”のすぐ側に位置する

何だ、じゃ、地図見りゃ楽勝♪って思ってたのに、

持ってた地図がアバウトすぎて同じ所をグルグルグルグル

そんなに遠い所じゃないのに台南を出てから2時間もかかってやっと到着(T_T)

  

080803002

“眷村”というのは第2次世界大戦後、

大陸から来た軍隊とその家族のために作られた居住地域で

出身地別などにより構成されていたらしい

  

台南もそうだけど、眷村は最近どんどん取り壊され、

跡地にはマンションが建てられたり、公園が作られたりしている

  

眷村ではこれまでさまざまな文化育まれてきた

そんな“眷村文化”とその歴史をいつまでも後世に伝える使命をもって

この小さな地域博物館は2007年にオープン

  

080803003

眷村で育った2世や3世・社会学を学ぶ学生が主な来館者で、

一般人が個人的に訪れることはあまりないそうだ

眷村の診療所を修復した建物はて再利用とは思えない立派な風貌で、

もっと多くの人に来館し、眷村について理解を深めてもらうのを

心待ちにしているように見えた

    

せっかく蓮池潭の側まで来たのだからついでに見物したかったけど

次の目的地に急がねばならなかったので断念

   

2つ目の施設は“後勁文物館”

これはもっと規模が小さくて、しかも日曜のみ開館

人ごみが嫌いな私がわざわざ日曜日を選んで出かけたのも

ここに来るためだったのに、、、

Dsc05528

エレベーターが開いたとたん、シャッターに入館拒否された

わざわざ朝電話して開館しているかどうか、

何時まで開いているかを確認したのに、なんじゃこりゃミ(ノ_ _)ノ=3

政府から地域博物館運営の名目で補助金までいただいてるくせに、

もうあきれてモノが言えん。。。ガソリン代返せ~!

  

ただの遊びで訪れるんだったらもう二度と行きたくないけど

論文のためなのでまた日を改めていかなきゃ

悪いサンプルの発見も論文の立派な材料

  

それにしてもこんないい加減な運営が利用者にとってはバリアになってるってこと、

わかんない限り、この施設の存続も危ういね。。。

| | コメント (3)

2008年6月30日 (月)

080626_184057

マンションの貯水タンクの清掃で午後ずっと水が止まることになり、

どこかに避難しとくか~、ということで、

母とちまきを連れてかねてより行きたかった台南県の“玉井”という所に行くことにした

玉井はマンゴーの産地として有名で、マンゴーデザートの店もいくつかあるらしい

ネットで調べてみると、“有間冰舖”というお店が評判がよさそうだったので、

そのお店を目指してさっそくドライブにシュッパァーツッ!

  

080626_171749

そのお店に行くためだけに往復2時間以上もする郊外に行くのはもったいないので、

玉井から割と近い“烏山頭ダム”にもついでに行ってみることにした

ここは日本時代に八田與一という人が設計に携わったダムで

彼の業績をたたえ、敷地内に八田與一記念館という施設が作られている

展示品は大してないけど、解説ラベルも紹介映像も日本語があるので

『せっかく来たのにワケわからん~』ということにはならない

   

080626_173335

ダムの一角

施設内は広い公園という感じ

平日に行ったせいかほとんど貸しきり状態で

普段外では放してやれないちまきを放してやって

思いっきり走らせてやることができたU^ェ^U

  

080626_185512

烏山頭ダムを出て省道一号に向い南下

少し行くと東西向快速道路84号があるのでそこを左に曲がり

ひたすらまっすぐ行く

   

玉井市街に入り有間冰舖を探して中正路を2往復してみたけど見つからない

3往復目にやっと看板を見つけた

入口がちっちゃ過ぎて全然目に入んなかったよ~

  

080626_184647

待ちに待ったマンゴーかき氷“芒果無雙”

“無敵のマンゴーカキ氷!”といったところでしょうか

練乳たっぷりだわ、上のアイスや下のカキ氷までマンゴーで作ってあるわ、

もう本当に無敵♪美味~

   

レギュラーサイズ70元(245円くらい)、Lサイズ90元(315円くらい)、

母と2人でレギュラーサイズ一つ頼んでちょうどいいくらいの量

晴れてたらもちょっと食べられてたかな

お持ち帰りしてまた夜食べたかったけど、溶けちゃうのであえなく断念(T_T)

今度行くことがあったらクーラーボックス持って行こう!

 

080626_193214

帰りは南部横貫公路を利用

この道で帰れるのか定かではなかったけど

標識の『↑台南』を信じてひたすら南下(^^;

   

30分ちょっと走ってやっと見たことのある景色に出た

そこは“新化”という町で、以前地域博物館の調査に訪れたことがあった

上の写真の施設がその時の調査対象

日本時代の町役場の建物がずっと放置されていて、

調査当時は公営のギャラリーとして再利用される予定だったけど、

結局民間委託でレストランになった模様

   

母が町役場の「まち」が“街”になっている、と指摘

あ、本当だ

何か意図があるのかな?

おなかすいてなかったので外から写真撮って終了

  

午後いっぱいの小旅行だったけどいろんなものが見れて食べれて、

久しぶりにリフレッシュ

ガソリン値上がりして最近は車乗るのもなんだか贅沢な気がしてたけど

たまにはいいよね<たぶん(・ω・`;)

   

| | コメント (8)

2006年10月22日 (日)

高雄市立歴史博物館

高雄で博物館展示の講演会があり、

その帰り、高雄市立歴史博物館へ行ってきました

 

現在の特別展の一つ「奇奇巧巧-先民創意工具展」

昔の暮らしの中で使われていた

さまざまな「非電化」の道具が展示されていました

 

[488614.jpg]

私が気に入ったのはこれ

なんだかわかりますか?

その名も「母子椅」

立てると大人が座る高さの椅子、

このように横にするとベビーチェアーになるのです!

 

 

[488615.jpg]

もう一つ気に入ったのはこれ、鍋敷き

焼き物だからいくら熱い鍋を置いても大丈夫

回りが縁取ってあるのは水を入れて

アリがのぼってくるのを防ぐためだそうです

 

展示されてあるものはどれもナイスアイデア!!!

と唸らずにはいられないものばかり

どうして最近では見なくなっちゃったんだろう、

ともったいなく思うような、シンプルで実用的な道具たちが

いっぱい展示されてます

 

2階では特別展「鴻圖大展」をやっていました

主にオランダ人がやってきた時代から1960年代までの

古い地図を展示してありましたが、

地図の他にポスターや絵葉書、新聞なども展示してありました

 

私が特に見入ったのは日本時代の台南市の地図

道が変わってないのでここはどのあたりだというのがわかります

日本の町内会の地図のように

周りにお店の宣伝なんかも載ってました

 

この博物館は小さな地域博物館ですが

だからこそ小市民には親しみの持てる空間です

地域の人がここを訪れ、この地に改めて愛着を感じ、

この地の住民であるということを再確認できる場所でもあります

 

台南にもこんな博物館があったらな~

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

高雄市立歴史博物館

高雄で博物館展示の講演会があり、

その帰り、高雄市立歴史博物館へ行ってきました

 

現在の特別展の一つ「奇奇巧巧-先民創意工具展」

昔の暮らしの中で使われていた

さまざまな「非電化」の道具が展示されていました

 

[488614.jpg]

私が気に入ったのはこれ

なんだかわかりますか?

その名も「母子椅」

立てると大人が座る高さの椅子、

このように横にするとベビーチェアーになるのです!

 

 

[488615.jpg]

もう一つ気に入ったのはこれ、鍋敷き

焼き物だからいくら熱い鍋を置いても大丈夫

回りが縁取ってあるのは水を入れて

アリがのぼってくるのを防ぐためだそうです

 

展示されてあるものはどれもナイスアイデア!!!

と唸らずにはいられないものばかり

どうして最近では見なくなっちゃったんだろう、

ともったいなく思うような、シンプルで実用的な道具たちが

いっぱい展示されてます

 

2階では特別展「鴻圖大展」をやっていました

主にオランダ人がやってきた時代から1960年代までの

古い地図を展示してありましたが、

地図の他にポスターや絵葉書、新聞なども展示してありました

 

私が特に見入ったのは日本時代の台南市の地図

道が変わってないのでここはどのあたりだというのがわかります

日本の町内会の地図のように

周りにお店の宣伝なんかも載ってました

 

この博物館は小さな地域博物館ですが

だからこそ小市民には親しみの持てる空間です

地域の人がここを訪れ、この地に改めて愛着を感じ、

この地の住民であるということを再確認できる場所でもあります

 

台南にもこんな博物館があったらな~

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

四重渓の旅3

[478927.jpg]

 

四重渓に来たら"国立海洋生物博物館"も押さえておかなきゃ!

ということで5年ぶりに行ってみた

 

前はオープンしたばかりでまだ工事中の展示室もあったけど

今回は更に展示スペースが増え、入館料もかなりアップしていた

<大人1人450元、国立にしては高くないかい?

 まあ、そんだけ出しても入りたいという人がウジャウジャいるから

 妥当なのかもしれないけど

 

とにかくすごい人で、スタッフの方々はちょっとイライラしてるように見えた

 

身障者などは無料で入館できる

何か手続きが要るのかと券売機近くのスタッフに聞くと

「あちらの櫃檯(受付)で証明証を見せてください」

と言われたので、受付を探したけどわからなかった

 

結局改札で直接見せればよかったのだけど、

説明間違ってるし、専用の入り口はわかりにくいし、

入る前からやーな感じ(´-ω-`)

 

しかもメチャメチャ混んでる改札で

身障者に身障者番号と名前を書けという

そして書いているとスタッフに

他の客が通るからどけと言われる

 

(´-ω-`)(´-ω-`)(´-ω-`)(´-ω-`)(´-ω-`)

 

、、、まぁ、せっかく遊びに来たのだから

いやなことはさっさと忘れて楽しみましょう!

 

[478928.jpg]

 

海の生き物に直接触れる、というコーナーがあって

水槽の中にナマコやヒトデ、ヤドカリなんかが入っていた

子どもとかはつかんで遊ぼうとしたりするから

水槽の中には

 

「触るだけだよ、つかんだり、持ち上げたり、遊んだりしないでね」

 

という札が至る所に入っていて、

側にいるスタッフが

 

「つかんだりしないでっ!こんなに注意してるのに

まーだつかんでる子がいるわっ、ダメって言ってるでしょっ!!!」

 

と叫び続けていた

 

ヒトデさんたちもつつかれてばかりだと疲れるようで、

彼らのために"休憩ゾーン"も設けられていた

 

 

[478926.jpg]

 

お魚さんたちのお食事タイム

キャベツとにんじんを通したロープが水槽に下ろされるやいなや

すんごい勢いでお魚さんたちが突進!!!

熱帯魚に見えたけど、野菜好きだったとは知らなかったぁ

 

 

[478929.jpg]

 

博物館においしいもの無し、というのは定説だけど

ここの"鹿角餅"というさつま揚げみたいなのは

モチモチしておいしかったぁ♡

緑のにょろにょろしたのは鹿角菜という海草の一種

恒春半島と台東沿岸でしか採れないらしい

 

 

[478931.jpg]

 

私がハマったのはアザラシちゃん

2匹いる内の1匹は大きな水槽の左隅に寄ってくる習性があるらしく、

ガラスにぶつかるくらい顔を近づけ、

鼻の穴をモワモワ膨らませて自己主張していた

 

そして私は左隅を陣取ってカワイイ、カワイイと黄色い声をあげていた

 

さぞかしヘンな日本人と思われていたことでしょう、、、

 

つづく

 

P.S Qing Zuiさんの「台湾現地採用滞在記」に

   海生館の最新情報こちらが記載されていましたので、

   トラックバックさせていただきますm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

四重渓の旅3

[478927.jpg]

 

四重渓に来たら"国立海洋生物博物館"も押さえておかなきゃ!

ということで5年ぶりに行ってみた

 

前はオープンしたばかりでまだ工事中の展示室もあったけど

今回は更に展示スペースが増え、入館料もかなりアップしていた

<大人1人450元、国立にしては高くないかい?

 まあ、そんだけ出しても入りたいという人がウジャウジャいるから

 妥当なのかもしれないけど

 

とにかくすごい人で、スタッフの方々はちょっとイライラしてるように見えた

 

身障者などは無料で入館できる

何か手続きが要るのかと券売機近くのスタッフに聞くと

「あちらの櫃檯(受付)で証明証を見せてください」

と言われたので、受付を探したけどわからなかった

 

結局改札で直接見せればよかったのだけど、

説明間違ってるし、専用の入り口はわかりにくいし、

入る前からやーな感じ(´-ω-`)

 

しかもメチャメチャ混んでる改札で

身障者に身障者番号と名前を書けという

そして書いているとスタッフに

他の客が通るからどけと言われる

 

(´-ω-`)(´-ω-`)(´-ω-`)(´-ω-`)(´-ω-`)

 

、、、まぁ、せっかく遊びに来たのだから

いやなことはさっさと忘れて楽しみましょう!

 

[478928.jpg]

 

海の生き物に直接触れる、というコーナーがあって

水槽の中にナマコやヒトデ、ヤドカリなんかが入っていた

子どもとかはつかんで遊ぼうとしたりするから

水槽の中には

 

「触るだけだよ、つかんだり、持ち上げたり、遊んだりしないでね」

 

という札が至る所に入っていて、

側にいるスタッフが

 

「つかんだりしないでっ!こんなに注意してるのに

まーだつかんでる子がいるわっ、ダメって言ってるでしょっ!!!」

 

と叫び続けていた

 

ヒトデさんたちもつつかれてばかりだと疲れるようで、

彼らのために"休憩ゾーン"も設けられていた

 

 

[478926.jpg]

 

お魚さんたちのお食事タイム

キャベツとにんじんを通したロープが水槽に下ろされるやいなや

すんごい勢いでお魚さんたちが突進!!!

熱帯魚に見えたけど、野菜好きだったとは知らなかったぁ

 

 

[478929.jpg]

 

博物館においしいもの無し、というのは定説だけど

ここの"鹿角餅"というさつま揚げみたいなのは

モチモチしておいしかったぁ♡

緑のにょろにょろしたのは鹿角菜という海草の一種

恒春半島と台東沿岸でしか採れないらしい

 

 

[478931.jpg]

 

私がハマったのはアザラシちゃん

2匹いる内の1匹は大きな水槽の左隅に寄ってくる習性があるらしく、

ガラスにぶつかるくらい顔を近づけ、

鼻の穴をモワモワ膨らませて自己主張していた

 

そして私は左隅を陣取ってカワイイ、カワイイと黄色い声をあげていた

 

さぞかしヘンな日本人と思われていたことでしょう、、、

 

つづく

 

P.S Qing Zuiさんの「台湾現地採用滞在記」に

   海生館の最新情報こちらが記載されていましたので、

   トラックバックさせていただきますm(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

藤田嗣治展

広島県立美術館で開催中です

ぜんぜん知らないアーティストだったんですが、

よかったです

 

展示作品の量がかなり多くて(私にとって)

若干疲れますが、得した気分にはなれます

 

彼が「現実には存在しない」として描いた子供の絵は

奈良美智さんの描く子供と雰囲気が似ている気がしました

 

幅広い層に支持されているようで、

学生風の人から、お年寄りまで

さまざまな層の来場者でにぎわってました

 

[449476.jpg]

| | コメント (5) | トラックバック (0)

藤田嗣治展

広島県立美術館で開催中です

ぜんぜん知らないアーティストだったんですが、

よかったです

 

展示作品の量がかなり多くて(私にとって)

若干疲れますが、得した気分にはなれます

 

彼が「現実には存在しない」として描いた子供の絵は

奈良美智さんの描く子供と雰囲気が似ている気がしました

 

幅広い層に支持されているようで、

学生風の人から、お年寄りまで

さまざまな層の来場者でにぎわってました

 

[449476.jpg]

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

高雄兒童創意美術館

まず、あきらめ悪くてスミマセン

 

前回書いたビールのキャンペーン、

今日はテレビで「FIR飛兒樂團」出演のCMやってました

 

画面には3本のアルコールが出てきて、

「3つ買うと21%offか10元プラスでおつまみつけます」

って言ってたけど、

その3本の中には果実酒が!!!

 

 

 

、、、それだけです

では気を取り直して、明るい話題

 

高雄の「兒童創意美術館」に行ってきました

 

ここはもともと「高雄市立美術館」が位置する

公園内の休憩所だったんですが、

最近子供向けの美術館に再利用したようです

 

[406626.jpg]

受付、キンキラキンです

 

 

[406627.jpg]

中庭、おもしろそうなオブジェがありましたが、

暑くて誰も近寄りません(^^;

 

 

[406630.jpg]

こんな子供のおもちゃにもブランドのマークが!

台湾の方も、日本人に負けず劣らずのブランド好きのようですね

 

 

[406631.jpg]

光を利用した展示会場

大人も童心にかえれる場所です

 

 

[406632.jpg]

世界の建築を絵で紹介しているコーナー

これって日本人?

「中國娃娃」かと思った、、、<懐

 

楽しめたような、物足りなかったうような今回の見学

職業病じゃないんですが、博物館や美術館に行くと

レポートのために写真を撮りまくる癖がついちゃって、

肝心の展示はどうだったけ?みたいなことがよくあります

 

まぁ、夫が楽しんでたみたいなので、

それなりにおもしろい所だった、ということで、、、

 

 

兒童創意美術館

午前09:00~12:00 午後1:30~4:30

內惟埤文化エリア内

@標識がない!一つあったけどでたらめだった(´-ω-`)

 まず高雄市立美術館に行って場所を確認したほうがいいです

@平日は予約制のようですが、予約してなくても入れました

@HPにはレストランがあるとあったので、楽しみにしてたんですが、

 閉鎖中、、、きれいなレストランなのに、残念(T_T)

@12時から1時半はお昼休みなのでしまっています

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)