2008年10月11日 (土)

Img84622809zik7zj_2

           (画像:田中千絵さんのブログより)

今、台湾の若者の間では

「海角七号観た?」があいさつがわりになっているらしい

流行モノには食らいつきの悪い私だけど、

異国に身を置く外国人としては

その土地でどんなものが受けるか知っておくことは

とても大切だ

ということで今日やっと観に行ってみた

実は先々週、映画館まで行ったけど

すごい人で、3時間先の回の分まで席がなく

今日まで延びてしまった

それでも休日ということもあってやはりすごい人だった

老いも若きも、男も女も、

台南中の人が来てんの?ってぐらいの勢い

8/22の上映開始からもう1ヵ月半以上経っているのに

国産映画の人気がここまで持続するなんて

台湾では超常現象だ

日本だとさながら“Always三丁目の夕日”の時、

このような状況だったんじゃないだろうか<日本にいなかったのでよく知らんけど

で、感想はというと、素直に面白かった!笑えた!

お金出した価値があった!

民族の違いとか、シングルマザーとか、夢に破れた若者とか、

登場人物を通しててんこ盛りに描かれてる

そしてラブストーリー、コメディー映画、音楽映画、

青春映画、ご当地映画などなどの要素を持ってて、

一つのジャンルにとどまっていない

なのに

無理やり詰め込んだ感はない、ツルっと観れちゃうのだ

それは“60年前の切ない恋”が

全篇を通して軸になっていたからかもしれない

ちなみにストーリーは、、、

ミュージシャンになる夢に破れ、海辺の田舎町で郵便屋になった青年と、

日本のスーパースターのビーチコンサートを開催するために

この町にやってきた日本人女性の出会いと愛が、

時と国境を越えたもうひとつの愛の物語に交差します・・・。

第4回アジア海洋映画祭イン幕張のHPより)

観終わって「また観たい」と思った映画は前回“ゆれる”を観て以来かな

この作品は日本で開かれた“第4回アジア海洋映画祭イン幕張”でも

グランプリを受賞している

日本で公開される日も近いかも

でもこの映画って中国語・台湾語・日本語が入り混じってて

それぞれの言葉が持つ語感もウケた理由の一つじゃないかなと思う

だから字幕にすんの難しんじゃないかな

<昔吉本新喜劇が台湾のテレビで放送されたけど

いつの間にか消えてしまったように。。。

それにしても映画観に行くといつも思うんだけど、

「エンディングロールまで観させてくれ」

今日は高いチケット代払ってMITSU○OSHIの映画館まで行ったのに

まだエンディングロールまで2・3分ある時点で

スタップがドアを開けて客の追っ払い準備を始めた(-"-)

そして客もそれに促され、ロールが回りだしたと同時に退場

みんななんで余韻に浸らないの?

あの役者誰かな、とか、あの歌誰が歌ってたのかな、とか

ロール見ながらちょっと振り返りたいとか思わないの?

まいっか、、、いっしょに行った夫にも

「何で見たいの?」って首傾げられたし(しかもちょっとウザ気に)

みんなに観ろとは言わないけど、

せめて灯りはクレジットが流れ終わってにしてくださいm(__)m

海角七号オフィシャルブログに予告編あり

| | コメント (12)

2008年4月 8日 (火)

Nanjintaiwan001

国策記録映画『南進台湾』の修復後初の上映会が

台南の赤崁樓で行われると聞き、

これなら母にもわかるということで行ってみた

 

これは日本統治下の台湾を日本内地の国民に理解させるために

1930~40年代に撮られた記録映画で、

国立台湾歴史博物館がコレクターから買い取ったものをうちの大学が修復し、

そのお披露目として今日、上映会を行うことになったとのこと

  

上映会開場は夜6時、赤崁樓の広場にはかなりの観客が集まり、

全編日本語(小さい字の中国語字幕つき)にもかかわらず、

1時間弱の上映の間、ほとんど席を立つ人もなく、

みなスクリーンに食い入るように見つめていた

  

ウチの母も自分が生まれた頃の台湾の風景を初めて目にし、

初めてなのに懐かしい映像が次々と流れる画面に見入っていた

ナレーションが牧野周一という弁士で、彼を知っていたのも

懐かしさを感じる原因の一つだったらしい

  

も一つみんなが食い入っていたのは映写機

Nanjintaiwan002

マニアには生唾モノの映写機だったらしく、

フィルムをセットする時なんぞ、老若男女のカメラ小僧がフラッシュパシャパシャ~!

技師の方もさぞ誇らしかっただろう

  

とにかく見ごたえのある映像

お近くに上映会がお越しの際は一見、いや数見の価値あり

| | コメント (4)

2006年10月15日 (日)

ゆれる

ちょっと前ですが、日本でこの映画を観ました

 

広島では小さめの映画館でやっていて、

しかも"レディースデー"に行ったので

始まる直前に着くとすでに長蛇の列、すごい人気!

 

席がない人には通路に座れるよう

座布団を貸してくれるのですが、

次の回に観ることにしました

次の回は21時過ぎからの上映だったのに

やはり立ち見(座布団見)続出

 

ネタバレしてはつまらないので詳しくは書きませんが、

面白かった

もう2・3回は観たい

観れば観るほど面白くなるかもしれない

 

デスノート」も面白かったけど、

「ゆれる」のような映画こそぜひ台湾で上映してほしい!

 

台湾に戻ってきてレンタル屋に行ってみたけど、

やはりなかった

Always 3丁目の夕日」もなかったし、、、

 

なぜ本当に面白い作品は揃えてないんだぁー!!!

 

「ゆれる」の監督は広島出身の西川美和

オダギリジョーや香川照之もすごかったけど、

やっぱりこの監督が撮ったから

この映画はここまで人を惹きつける内容になったんだと思う

 

ぜひ小説も読んでみたい

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆれる

ちょっと前ですが、日本でこの映画を観ました

 

広島では小さめの映画館でやっていて、

しかも"レディースデー"に行ったので

始まる直前に着くとすでに長蛇の列、すごい人気!

 

席がない人には通路に座れるよう

座布団を貸してくれるのですが、

次の回に観ることにしました

次の回は21時過ぎからの上映だったのに

やはり立ち見(座布団見)続出

 

ネタバレしてはつまらないので詳しくは書きませんが、

面白かった

もう2・3回は観たい

観れば観るほど面白くなるかもしれない

 

デスノート」も面白かったけど、

「ゆれる」のような映画こそぜひ台湾で上映してほしい!

 

台湾に戻ってきてレンタル屋に行ってみたけど、

やはりなかった

Always 3丁目の夕日」もなかったし、、、

 

なぜ本当に面白い作品は揃えてないんだぁー!!!

 

「ゆれる」の監督は広島出身の西川美和

オダギリジョーや香川照之もすごかったけど、

やっぱりこの監督が撮ったから

この映画はここまで人を惹きつける内容になったんだと思う

 

ぜひ小説も読んでみたい

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

いぬのえいが-狗狗心事

癒されたくて「いぬのえいが」という映画を観た

<本当は「ALWAYS 3丁目の夕日」が観たかったけど

 レンタル屋さんになかったので、、、

 

実は全然期待してなかった

 

「どうせ昨今のペットブームにあやかろうとしてるんでしょ?」

 

くらいにしか思ってなかった

ただ、犬を見てなごみたかっただけ

 

出だしで「やっぱり、、、」と思った、が、しかし、

観てるうちにだんだん面白くなってきた

 

オムニバスになっていて、全部見終わると

なんだ、どれもよかったじゃん、って気になった

しかも出演者が大物揃い

 

しかし、私の一押しは「波奇(ぽち)」です!!!

いい味出してる~ぅU^ェ^U

 

映画に組み込まれてなかった作品もついてて、

「なんでこれが???」ってくらいよかったです

 

犬好き、癒されたい人必見!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いぬのえいが-狗狗心事

癒されたくて「いぬのえいが」という映画を観た

<本当は「ALWAYS 3丁目の夕日」が観たかったけど

 レンタル屋さんになかったので、、、

 

実は全然期待してなかった

 

「どうせ昨今のペットブームにあやかろうとしてるんでしょ?」

 

くらいにしか思ってなかった

ただ、犬を見てなごみたかっただけ

 

出だしで「やっぱり、、、」と思った、が、しかし、

観てるうちにだんだん面白くなってきた

 

オムニバスになっていて、全部見終わると

なんだ、どれもよかったじゃん、って気になった

しかも出演者が大物揃い

 

しかし、私の一押しは「波奇(ぽち)」です!!!

いい味出してる~ぅU^ェ^U

 

映画に組み込まれてなかった作品もついてて、

「なんでこれが???」ってくらいよかったです

 

犬好き、癒されたい人必見!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

加上字幕

我今天到學校做加上字幕的作業

 

是我之前幫學校翻譯的日本紀錄片

 

這部片是我們學校為這一次電影節邀請的作品

 

我原本就蠻喜歡看紀錄片

 

但是比較常看電視節目的短片

 

曾經沒有什麼機會看較長的片子

 

借這一次幫學校翻譯些紀錄片的機會

 

我也對紀錄片產生了更多興趣了

 

透過紀錄片,可看到社會的代表性的一面

 

真令人迫不及待十月二十七日開始的烏山頭影展

| | コメント (0)

加上字幕

我今天到學校做加上字幕的作業

 

是我之前幫學校翻譯的日本紀錄片

 

這部片是我們學校為這一次電影節邀請的作品

 

我原本就蠻喜歡看紀錄片

 

但是比較常看電視節目的短片

 

曾經沒有什麼機會看較長的片子

 

借這一次幫學校翻譯些紀錄片的機會

 

我也對紀錄片產生了更多興趣了

 

透過紀錄片,可看到社會的代表性的一面

 

真令人迫不及待十月二十七日開始的烏山頭影展

| | コメント (0)