« | トップページ | »

2008年6月21日 (土)

Shuixiangong001

尖閣事故問題、今回の件に関してはとりあえず収束に向かっているようだ

今まで両岸関係が緊張していた時でもまったく危機感なかったけど、

今回はなんだか疲れたなぁ、精神的に、こんなの初めてだった

  

今週はじめ夫に「外に出たら日本人だってわからないようにした方がいい」と言われ、

『まっさかぁ~、、、ねぇ、、、ぇ、まじ?』  うっすらと緊張が走った

  

台湾のニュース、最近は官僚のグリーンカード所持をたたくものばかりだったのに

いつの間にか尖閣事故問題がやたら取り沙汰されてる

      

そして学校の後輩(台湾人)や日本にいる知り合い(日本人)から

心配のメールが届きますます緊張、、、事態はそんなに深刻なのか?

政治問題に疎く、かつ鈍いため、どうしていいかわからず、

とりあえず外に出るのが怖くなり始めた

  

極めつけは交流協会の在台邦人に向けられた注意喚起

地震報道で忙しい日本のネットニュースでも報じられている

  

“会社、家庭で非常時に対する準備をしておく”

“万が一、身の危険を感じるような事態に遭遇した場合、

110番通報するとともに交流協会までご連絡下さい。”

  

なんて書かれているのを見るともう、

マンションの管理人さんでさえ私のこと嫌ってるんじゃないか

という猜疑心に駆られた

買い物に行ってもなるべく言葉を交わさないようになった

市場で犬を見かけ、「かわいいですね」と中国語で主人らしき人に言ったとたん、

『はっ∑( ̄口 ̄)、今ので日本人だってバレた?』と急に心配になり

そそくさとその場から立ち去った

私はいいけど

もし台湾初心者の母が何か怖い目にでも遭ったら

きっと「すぐ帰る(T_T)」と騒ぎ出すに違いない

  

結局いつもと変わらない毎日だったし、もちろん怖い目に遭うこともなかったけど、

もうこんな生活やだ~っ!、、、っていうか、こんな自分ヤダ(T_T)

なんて小心者な私、思い込みの激しい私、被害妄想のかたまりな私、、、

自分、海外生活に向いてなかったかな、とまで思うようになってしまった

  

と、そこへ“尖閣事故、落着か?”のニュース

何はともあれ、穏やかに、速やかに収束に向かってくれ、いや、ください!

   

|

« | トップページ | »

日記・独り言」カテゴリの記事

コメント

日本の報道によると、交流協会を通して、日本の巡視艇の艦長が謝罪、保障もするそうですから、何とか収まるんじゃないでしょうか。

とりあえずちまきさんが無事で何よりです。

でも一時は軍艦を出すとか物騒な話も飛び出して、台湾は一気に反日になったかと心配しましたよ。
これも政権交代の影響なんでしょうか?

投稿: アールン | 2008年6月21日 (土) 12:40

お気遣いありがとうございます。
何とか大事に至らず収束しそうなので、
私もほっとしております。
今回のことを通して日ごろの市民レベルでの交流は大事だな、
とつくづく思いました。
政治のことはよくわからないんですが、
官僚さんたちに任せておいたら大変なことになるかもしれませんから、、、coldsweats02

投稿: >>アールンさん | 2008年6月21日 (土) 13:49

そんなヒドイですか?
台南ではそんなにひどくないと思います。
政治はね~>"<

父も「日本の友達にこの時期、こっちに遊びに来ないほうが良いよと伝えてね」って冗談して言いましたわ。

日本の男性の友人も「フミちゃん、日本語の勉強は大丈夫!?しばらく日本語を喋らないでね!戦争になれるかも」ってメールをくれました(苦笑)。

女性の友人は全然気にしなくて、来月に台南に遊びに来るらしいです。

ビックリされました。ごめんね~

投稿: フミ | 2008年6月21日 (土) 18:49

台北では日本人学校などで少し嫌がらせがあったようです。
都会にはいろいろな人がいますから、
台南に住んでて本当によかったです♪
とはいえ、私が心配性すぎただけなのかもしれませんね(^^;
さすがに“戦争”までは心配しませんでしたが、、、

お友達遊びに来るんですか、よかったですね。
楽しんで帰られるといいですね!

投稿: >>フミさん | 2008年6月22日 (日) 12:11

そんな事になっていたとは・・・
こちらのトップ記事はやはり地震の事ばかりでしたし
前に海洋学校の船がアメリカの潜水艦に沈没させられて
生徒がなくなっても
「戦争だぁ~」とはならなかったし、
やはり民族が違うと感情の表し方も違いますよね。
とにかく ちまきさんとお母さまが無事でよかったです。
早く 台湾国内で終息に向かえばいいですね。 

投稿: あさりん | 2008年6月22日 (日) 14:05

そういえばそんな事件ありましたね。
今回の件は船長への謝罪や賠償が始めになかったということが
騒ぎを招く原因になったわけで、
そこさえきっちり認めていればこんな騒ぎにはならなかったのかな、と思いますが、
まあ、今更言っても後の祭りですね。
せめてこれからの後処理はきちんとやってほしいです。

投稿: あさりんさん | 2008年6月23日 (月) 00:42

お久しぶりっす。
今回の日本の政府の対応は本当にお粗末でしたね。
民進党の時とは違うという緊張感がなかったように思います。
台湾に甘えて、台湾をなめてたんじゃないかと思いました。
後からのあわてよう、情けなかったです。
最初から真摯に謝れば、こんなにひどくならなかったのに。

台湾のマスコミの報道の集中も異様でした。
寝てもさめてもそればかり。
あんなんじゃ普段なんとも思ってない人達も、
日本のことが嫌いになります。
蘋果の紙面とか、かなり過激でした。
私は蘋果嫌いなので、自由日報?を買うのですけど、
そこには日本をたたいて得をするのは誰か?って書かれてて、
扇動する人ばかりじゃなくて、
こういう人もいるのだと少し安心しました。
(尖閣諸島は中国も韓国も狙っているわけで、
 日本だけが敵なはずはないのですから。)
中国たたきから日本たたきへというのが見え見えで、
国をまとめるのには外敵が必要といわれますが、
日本が外敵になる時がきてしまったようです。
日本語を糧に生きている私たちにとって、
台湾を去る日も近いのかもしれないと覚悟しています。

投稿: かめこ | 2008年6月25日 (水) 11:31

お久しぶりです!

そんな、去るなんて寂しいこと言わないで~
今回のことは確かに起こってほしくなかったことですが、
日本側にもいい教訓になったと思います。

それにしても政権交代の影響をこんなに実感するなんて、
思ってもみませんでした。
政治に疎いから~、なんてのんきなこと言ってられませんね。
外国に身を置くものとしてもうちょっと自覚を持たなければ、と思いました。

投稿: >>かめこさん | 2008年6月26日 (木) 11:39

台湾の生活は好きだし、住み続けたいんですけどね。
実の所、オットットの学校があんまり上の学校じゃないというのが、
いられなくなりそうな直接的な原因です。
少子化の影響もあって、弱小大学は厳しいです。
日本語の需要が高まれば入学生も増えるかもしれないけれど、
それも当分期待できそうになく、逆に減りそうです。
政権交代、日本よりな台湾人にとっても大変そうで、
更に尖閣諸島の問題でとばっちりくって気の毒に思います。

投稿: かめこ | 2008年6月27日 (金) 00:39

実は私もとばっちりくってます
今学期は学校の語学センターで日本語のクラスが開かなかったんですよ(>_<)
3年ほどずっと連続で開いてたから
開くものだと思い込んでたらなんと定員割れ。
最近補習班に日本語教師の仕事あたろうかと思ってたんですが、
お呼びでないかもしれませんね。

投稿: >>かめこさん | 2008年6月27日 (金) 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »