« | トップページ | »

2008年2月14日 (木)

080211_202212

關子嶺は台南県にある集落で、泥温泉で有名な観光地

なんでも泥温泉は世界中に数えるほどしかないそうだ←未確認情報

せっかく母が来ているのでいっしょに行ってみた

 

目指すは一番安い浴場がある警察の保養施設“警光山荘”

7年ほど前に行った時は80元(約270円)だったのに100元(約340円)に値上がりしてた

この日は旧正月最後の休みの日で

台湾ではあまり好まれない、スッポンポンで入らなければならない浴場なのに

芋の子を洗うがごとく混んでいた←「子」じゃなくて「おばちゃん」だったけど(^^;)

この浴場は女湯の入口をくぐるとすぐ浴室、

つまり服を脱ぐのも着るのも浴室の片隅で行うという、ちょっと不便なつくり

そして私がいかにも体が不自由そうな母を連れて入ったとたん、

浴槽に浸かっていた皆様が一斉にこちらに注目、

「え?」と思うや否や、近くにいたおばちゃんたちが

いすを持ってきてくれたり、体を流すお湯を持ってきてくれたり、

浴槽に入る手伝いをしてくれたりと、先を争うように親切の大盤振る舞い

さすが台湾、人生の先輩には親切にするのが当然、という精神が根付いている

やさしさが温泉の湯のように心にしみました<(_ _)>

 

写真は帰りがけに路上で見かけた、うっふ~んな図柄が目を引く“温泉粉”

泥温泉の泥を乾燥させたものが入っていた

まだ使ってないけど、卵の白身と蜂蜜を混ぜてパックにするといいらしい

   

|

« | トップページ | »

「台南」カテゴリの記事

  • (2009.06.24)
  • (2009.06.24)
  • (2008.06.30)
  • (2008.06.09)
  • (2008.05.31)

「台湾」カテゴリの記事

  • (2009.06.29)
  • (2009.06.07)
  • (2009.06.04)
  • (2008.10.11)
  • (2008.08.04)

旅行・観光・アウトドア」カテゴリの記事

  • (2009.07.09)
  • (2009.06.04)
  • (2008.07.07)
  • (2008.06.30)
  • (2008.03.28)

コメント

泥温泉に行ってきたんですね。
台湾の皆さんは やさしい方が多いのですね。
お母さまはあまりのやさしさに ビックリしたのではないですか?
泥はどうでしたか?
塗りたくってきましたか?
(私だったら この時とばかりに塗りたくると思います)
写真の泥の粉は まんがのような女の子の絵ですね。
ちょっと 色気たっぷりですね。
信用第一、品質保証(?)って書いてあるのがまた面白いですね。

投稿: あさりん | 2008年2月14日 (木) 07:55

それが泥は完全に湯に溶けきってて
湯船の底とかにはほとんどたまってませんでした。
なのでひたすら湯を手ですくって顔にぴちゃぴちゃつけてました
お風呂から上がった時いつもより肌が突っ張らなかった気はしますが、
そんな目覚しい効果はありませんでしたね。
やっぱ元が悪いからかな(^^;)

投稿: >>あさりんさん | 2008年2月16日 (土) 03:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »