« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

台南のオムライス

Omlet001

よくたくわんがついてます

普通のお弁当にはあまり入ってないのに、なぜ??

| | コメント (4)

2007年10月27日 (土)

トラウマは消え、、、た?

071025002

2年ほど前、ウチの研究科主催で国際シンポジウムがあった

学生はみな手伝いに借り出され、私もパシリで作業していたのだが、

日本人の講演の番になって急に先生から

「あ、次日本語の講演だから、ちまき55、講演者の横に控えて、

Q&Aの時間になったら通訳してあげて」と言われた

後で考えるとおかしな話である

だって講演には英語と日本語のプロの同時通訳がちゃんと雇われていたのだ

講演は全部その同時通訳が通訳していたのに、

何をとち狂ったか勘違いしたのか、先生は私にも舞台に上がれという

そしてバカ正直な私は上がれと言われて素直に舞台に上がってしまった

  

そして悲劇は起こった、、、

   

Q&Aの時間になり、会場から質問が出たのだが私の脳みそはその瞬間豆腐と化し、

質問者が何を言っているのかさっぱり理解できなくなってしまった

実は私は極度のアガリ症なのだった

  

私は立ち尽くしてしまい、舞台の下の先生もクラスメートも

私をどう助けてていいかわからない

結局同時通訳が助け舟を出し、その場を処理してくれた

よく考えたらその同時通訳さんに対しても失礼だよ

講演内容は通訳させといて、Q&Aは突然ずぶの素人がしゃしゃり出てきて

流れを乱すだけ乱して、後は尻拭いしてくれってんだから

   

講演が終わってから失意のどん底にいる私にクラスメートが更なる追い討ちをかけてくる

「さっきどうしたの~、大変だったみたいだけど」

みな一様に同情のまなざし、、、

  

そして研究科科長の教授は

「ちょっと○教授、なんでちまき55を舞台に上げたのっ!

プロに任せとけばいいじゃない、次は出さなくていいからねっ」、、、すごい剣幕

  

それ以来このことはトラウマとなり、私の心に暗い影を落とし続けてきた

翻訳の話は受けても通訳の話があるとかたくなに断り続けた

あまりにかたくなな態度に頼んできた相手が面食らうほどだった

  

ところが10月はじめのある日、例のトラウマの原因を作ってくださった先生から連絡があり、

10月の終わりに応用音楽学部で国際フォーラムがあるから通訳をやれと言う

  

おいおい、あんたあの事忘れたんかい?冗談じゃないよっっ!

恥かかされるのは2度とゴメンだよ!

  

と言いたかったけど、論文指導の先生なのでそこまでははっきり言えなかった

  

私「先生、2年前のこと覚えてますか、、、」

先生「あ、あのシンポジウムのこと?あんなのまだ気にしてたのぉ

   あれからずいぶん経ったし、今のあなたの中国語なら、全然問題ないわよ!」

  

ったく、いい加減なことを、、、と思いつつ、  

私は典型的な「NOと言えない日本人」なので、何度も拒否を試みたのだが、

ごり押しが得意技の先生には勝てず、結局引き受けることになってしまったのだ

  

そして一度主催学部の責任者に会って講演内容の原稿をもらったっきり

さしたる打ち合わせもないままフォーラム前日になってしまった

私が通訳をする講演の講演者は東大で環境学を専門にされている先生

前日の夕方台南入りされたので、晩餐会でお会いできたものの、

特に打ち合わせする暇もなくこの日は終了

でもすごく優しい方で、そういう点では緊張は少しほぐれた

 

ほぐれたと言ってもトラウマはそう簡単に消えるものではない

当日の朝、私は登校拒否児のごとく学校に向かう気になれなかった

しばらくごねてみたものの、誰も慰めてくれないし、

たいした仕事もできない上に遅刻したらもっと肩身が狭くなるので

とりあえず家を出た

学校に向かう間もバイクを運転しながら不安は募った

事故して病院に運ばれたら立派な欠席理由になるよなー、とかアホなことを思いながら

何とか学校に到着

  

開幕式も終わり、改めて先生と打ち合わせしてみると、

パワーポイントがかなりの量(60枚)で、中の説明をこれから中国語に直さなければならないことに気づく

先生の講演は14:50から、それまでに何とか終わらせねば~、と

ココ最近こんなに集中したことないってくらい神経を集中させてひたすらキーボードと格闘

先生はずっと横についていてくださって、

私の頭ではとても理解できない理論の説明を丁寧に噛み砕いて聞かせてくださった

しかも「こうやって人に説明すると改めて自分の理解が深まって助かります」など言ってくださり、

こんなお優しい方の担当で本当によかった、と思いながら、

とにかく時間の許す限り打ち合わせを詰めた

  

そして講演の時間

私はなるべく緊張しないように、先生の横に観客席に背を向けて座り、講演開始

  

先生「初めまして、東京大学の○○と申します」

  

この講演開始の台詞を聞いたとたん、私はなぜだかまったく緊張しなくなった

まるで自分が“翻訳マシーン”にでもなった気分だった

こんな優しい先生の、こんな立派な講演を台無しにしてはイカン、と言う思いが原動力になったような気がする

そして後はとにかく耳から入ってきた言葉を自分にできる限りに正確に訳していくことに全力を注いだ

  

先生にはあらかじめ一文言ったら一文訳すという進行でお願いします、と言っておいたので

先生はその通りに講演を進めてくださり、

通訳が講演者に合わせなきゃならないところを、

完全に講演者が通訳のペースに合わせる形にさせてしまった

今思えば本当に恐縮で、穴があったら入りたいトコだけど、

そうしなければ私はきっとパニックに陥り、講演を台無しにしていただろう

時々聞き取れなかったりしたら先生に目で合図を送り、

先生にもう一度言わせたりして、本当に態度のでかい通訳だった、、、

  

そんなこんなで1時間の講演は何とか終了

今回は「大変みたいだったけど」なんていう人もなく、

先生も、係りのみんなも「お疲れ様!」と言ってくれた

私はみんなに「私の通訳どうだった?」と聞くほどの勇気はなく、

とにかく任務が終了したことにほっした

  

今回の通訳のおかげで2年間苦しんだトラウマは消えた、、、様な気がする

これでいい気になって、これからはバンバン通訳のバイト引き受けるぞ~

って気にはまだまだなれないけど、

通訳の仕事は無理だと思っていた私に少し希望の光が差してきたような気はする

これを機会に精進しよう!

そしてまたいつの日か先生の通訳ができるチャンスが来たら、

今度こそ、恩返しに完璧な通訳ができるよう、がんばろう!

  

貴重な機会を与えてくれた今回のフォーラムと

私のしつこい打ち合わせに付き合ってくださった先生に

心から感謝いたします

   

記念に先生と一緒に写真撮りたかったけど

先生は“エビちゃん”似(または島谷ひとみ)の超かわいい方で、

講演終了後はアイドルの撮影会並みに学生たちがいっしょに写真を撮りたいと押し寄せ、

機を逸してしまったのだった、、、

| | コメント (6)

2007年10月22日 (月)

普通の大きさじゃない

クモです

さっき地下の駐車場に下りて発見

相当な大きさに軽くパニクってしまいましたが

夫は「田舎に行けば、あんなのいっぱいいる」といって動じません

管理人に言ったほうがいいんじゃないだろうか、、、

体だけでどう見ても8cmくらいはある

さすが暑い所のクモは違うわ

しかし、今度下りた時私のバイクで遊んでたらどうしよう~~~(T_T)

  

↓にクモさんの画像があります。

  嫌いな方はスクロールしない方がいいと思います(^^;)

  クリックすると少し大きくなりますが、嫌いな方はクリックしないでね♪

  

  

  

  

  

  

   

  

   

  

  

  

  

Kumo001

| | コメント (10)

2007年10月19日 (金)

幫浦2

以前中華東路のポンプの写真をブログに載せたんですが、

別のも写真に撮ったのでアップ

Pump003

府前路と西門路の近くの路地にあるポンプ

前回と同じ津田ポンプだけど、前回の表記は“津田牌”、これは“津田型”

Pump002

まだ使われているようで、ポンプの下の方は湿っていた

横では背後の民家の住人と思われるおばあちゃんが読書中

  

私「あ、写真いいですか?」

お婆ちゃん「ニコニコ」

私「ありがとうございます」

婆「ニコニコ」

私「さよなら」

婆「ニコニコ」

  

とっても素敵な笑顔だったので写真撮らせてほしかったけど、

いきなり「あなたを撮ってもいいですか」も失礼かなと思い、断念

  

もう一箇所のは中山路の開隆宮入口付近にあるポンプ

これはまだ使えるかどうか未確認

背後にある店の店員さんにジーッィッと見られてたので

写真撮り終えたら早々に立ち去りました、、、

Pump005

下にちょこっと水があるということは使ってるのかな?

Pump004

これも“津田型”

  

ここでマニアックな疑問

台湾で見かける津田のポンプはよく上に“ケーホー号”と書かれているのに対し、

日本にあるものはネットで見た限り“ケーボー号”と書いてある

何でだろう~、ぉ、何でだろ~♪

今となってはもうこのナゾについて語れる人はいないのかもしれないけど、、、

  

《今回の撮影に関する反省点》

ポンプに気を取られすぎて背景撮ってなかった

歴史の証人がどんな場所に生息しているのかも記録しなければ、

面白みに欠けるのだった、、、

   

  

| | コメント (25)

2007年10月17日 (水)

i CASH

台湾の7-11には“i CASH”なるものがあります

いわゆるプリペイドカード

2004年末にそのカードが出た当時、さっそく買って、これまでしょっちゅう使っていましたが、

最近、ICチップの部分がついに磨耗で読み取れなくなってしまいました

まだ中に約300元(約1000円)ほど残っていたので、店員にどうすれば聞いてみたら、

  

「ほかの店に行っても読み取れなかったらカードの裏にあるサービスセンターの番号に問い合わせてみて」

  

という、お答え

めんどくさいと思ったけど、ほかの店に行って使ってみた

やっぱり読み取れなかったけど、その店のお姉さんは

  

「新しいのに買い変えなきゃダメよ」

  

とおっしゃる

  

実はこのプリペイドカード、空のカード自体が100元もするんです

デポジットとかではありません

何でカードだけにお金がかかるのにこんなものを買ったかというと、

そのカードで買い物すれば安くなる商品もあるからです

うちは朝よくサンドイッチを作るんですが、台湾の食パンって甘く味付けしてあるのが普通で、

その点7-11の一番安い食パンは甘くない(というか味が無い)ので

サンドイッチ向き、ということでよく購入しています

この食パンがi CASHでよく安くなるので使っていたというわけです

  

でも100元もするもの、そんなしょっちゅう買い換えてたら

このカードで買って安くなっても意味が無い!!

  

ということでカードの裏のサービスセンターの番号に電話をすると、

無料で新しいものと交換するから送ってくれ、といわれました

<何だ、お姉さん、自分の店の商品のこと、ちゃんと把握してなかったのね

で、専用の封筒が店においてあるはずだから、それで送るように言われました

  

さっそくまたまた別の7-11に封筒を取りに行くと

今封筒が無いから送っておきますよ、と預かってくれることになった

預かってくれるのはいいけど、預かり書とかもなくて私の名前と電話番号を残しただけ

一応お姉さんの名前聞いて、「○さん、ありがとう、お願いしますね」といったけど、

だいじょうぶかなぁ、、、

くすねたりするような人には見えなかったけど、忘れちゃったりしないかな、、、

と、心配しつつ2週間もほったらかしにしてしまいました

   

すると先週、

「i CASH、新しいのに交換できましたから、送らせていただきますね」

と親切にもサービスセンターから電話がかかってきた

あーよかった、お姉さんちゃんとやってくれたんだぁ(´。`;)ホッ

   

で、昨日やっと届きました

○さんはちゃんと書留で送っておいてくれたらしく、送料分の切手もちゃんとついていました

返しに行ってちゃんとお礼も言わなきゃ!

  

しかし、こんなに心配するくらいなら預けなきゃいいのにね

夫には「預かり書、書いてもらえばよかったのに」と言われるし、、、

こういうこと、なんだかしょっちゅうある気がするんですが、

いつもなんとなく切り抜けてきたので、結局同じこと繰り返しちゃうんだな、反省

  

Dsc02750

帰ってきたi CASHと新しいカード、穴はやめてほしかった、気に入ってた絵柄だったのに(T_T)

  

| | コメント (4)

2007年10月15日 (月)

安平樹屋でオランダデー

Dsc02736

家からバイクで15分ほどの所にある安平という観光地でイベントがある、

とテレビで宣伝していたので行ってみました

イベントの場所は“安平樹屋

  

廃屋と化していた倉庫にガジュマルの樹の根っこがはびこって

その景観がお化け屋敷を通り越して芸術の域に達したため、

昔から隣にあった蝋人形館と抱き合わせで安平の売りにしよう、

ということでできた観光スポットです<単なる推測(^^;)

  

ちなみに蝋人形館はもともと1867年に建てられた徳記洋行というイギリスの商社の建物を、

その後歴史館として再利用、“臺灣開拓史料蠟像館”と名付けられましたが、

今日行ったら1階部分が“大員先民生活文化館”と命名され、オランダ時代の関連品が展示されていました

 

Dsc02738

海の近くでめちゃめちゃ暑かったんですが、

どこから湧いて出たん?ってくらいのすごい人手

  

Dsc02731

日本瓦なのに壁が洋風なのは、イベントに合わせて壁の色を塗り替えたからです

お金かけてます

そしてなぜ日本瓦かというと、上述の徳記洋行が作った倉庫を、日本時代に日本人が増設したからだと思われます

  

Dsc02711

奥の広場ではオランダを紹介するブースがたくさん並んでました

これはいわずと知れた木靴

お兄さんが手に持っているのは革靴ではなく木靴ですよ~

下に並んでいるのも全部木靴、お兄さんが履いてるのも木靴、こだわってるぅ!

   

Dsc02712

愛娘にせっせと民族衣装を着させるお父さん

  

Dsc02713

カメラ目線のミッフィーちゃん

この炎天下にご苦労様です、、、

  

Dsc02719

倉庫の内部、ガジュマルだらけ

Dsc02720

Dsc02723

   

イベントといってもブースが並んでいただけなので早々に見学終了

ついでに隣の蝋人形館にも寄ってみました

    

Dsc02730

やけにちっこいオランダ人さんたち(右2名)と鄭成功(国姓爺)たち

  

Dsc02729

これはオランダの先生が学生に罰を与える時のグッズ“ついてない鳥(倒楣鳥)”

学生たちが授業中騒ぎ始めて手がつけられなくなった時、これを学生たちに向かってポイと投げる、

で、不運にも受け取ってしまった学生は先生に返し行って、罰を受けるそうです

今の子だったら鳥が飛んできても無視して終わりじゃないですかね~?

それにしてもこの鳥、いかにもついてなさそうな表情、、、

  

Dsc02743

所変わって、これはお昼を食べたお店の前でくつろぐ野良ちゃん

「どこ見てんのよっ!」

  

Dsc02744

食後のデザートは“瑞比(Rabbit)”というお店のシャーベット

ネットでおいしいという評判を見たことがあったので行ってみたのですが、

本当においしかったです♪

 

Dsc02745

各種フルーツ以外に豆腐フレーバーとかもありました

小カップは3種フレーバーで35元(125円くらい)、安い!

日本で食べるシャーベットに比べてかなりネトーっとしてるのですが、これが本場の味?

本場で食べたこと無いので謎ですが、ま、おいしいのでどっちでもいいです♪

  

久しぶりの休日のお出かけということもあり、はしゃぎすぎ&食いすぎで

家に帰ってから胃痛でダウン、、、

こんなことで胃痛なんて、これも運動不足のせいかしらん(T_T)

   

| | コメント (6)

2007年10月14日 (日)

交響情人夢完全音樂手冊

Nodame001

日本語の学生がドラマ「のだめカンタービレ」のDVD貸してくれました

Oh,no!一気に11回分見終わっちゃいましたよ~~~

イヤ、ネットでその人気ぶりは感じていましたが、マジ面白かったっス!

  

タイトルの中国語訳が日本語とぜんぜん違うんですが、

学生によると、日本のドラマはタイトルを漢字五文字にすると流行るというジンクスがあるとかないとかで、

最近台湾で放送される日本のドラマのタイトルには五字熟語がちらほら見られるそうです

例)改造野豬妹→野ブタ。をプロデュース

  熟女真命苦→anego

  

「のだめ-」見てちょっと千秋様(=玉木宏様)にハマりそうになっちゃいましたが、

それよりハマったのがドラマの中で流れるクラッシック

    

いやはや、人生においてクラッシックなんて気品漂うものをじっくり聞いたことなんぞありませんでしたが

ドラマ見終わったらCD屋に突進しちゃいました

そしてのだめ関連のCDを3つ発見!

  

一つはオリジナルサウンドトラック、一つは”「のだめオーケストラ」Live!”で、

この二つは日本で販売されているヤツの国外販売バージョンなんですが、

あとの一つはなんだか違う、、、

前述の二つは国外販売バージョンと明記されているのにそれが無い

値段は3つとも大体同じなんだけど(350元前後=1200円ちょっと)、

最後の一つは3枚組全37曲と曲数が抜きん出て多い

  

日本でも手に入るのは日本に帰った時レンタルすればいい、と

こういうくだらないことに限って計算高い私は、一番曲数の多い、

だけど得体の知れないバージョンを買うことにした

  

帰ってネットで調べてみたけど、やっぱりこのバージョンは日本で販売されているものではなさそう

おまけで付いている解説にはドラマのどのシーンで流れていたものかとか、

曲自体の詳しい説明が事細かに載せてあって、なかなかよいです♪

  

クラッシックが頭の中で流れていることなんて今まで無かったんですが、

最近気がつけばタクト振りそうになってる私、、、ちょっとハマりすぎ?

| | コメント (6)

2007年10月 9日 (火)

子宮頚がん検診

行ってきました

家から近い成大病院には婦人科に女医さんがたくさんいるのでさっそくネット予約

成大は子宮頚がん専用の窓口もあるので、予約も検診もササっと済んじゃいます

台湾ではこの検診を“子宮頚抹片検査”といって、テレビや病院でよく宣伝を見ます

 

「六分鐘護一生」(6分で一生安心)

6minutes 台湾P&GのHPより

 

実際はものの3分もかかりませんでした

1-3年に一回行けばいいし、なんと言っても健康保険カードがあれば検査費無料なので

私の周りの三十路過ぎた方はみなさん受けているようですが、

日本でもこの検査、普及してるんでしょうか?

上の宣伝では同時に35歳以上の女性の“乳房検査(乳がん検診)”も推進しています

  

台湾では日本みたいに“~がん検診のお知らせ”といった通知が来ないので、

みなさん、こういう検診には自分で注意しましょう(´▽`)ノ

| | コメント (6)

2007年10月 8日 (月)

教師節のボーナス

台湾には“教師節(先生の日)”があります

外国にはけっこうあるみたいなんですが、日本にはありません、よね?

それだけ先生を敬う気持ちが薄いのでしょうか??

  

台湾の教師節は孔子の誕生日の9月28日です

祝祭日には旧暦が使われることが多いのですが、 孔子の誕生日はなぜか西暦で祝うようです

以前はこの日はお休みでしたが、週休2日制が導入され、休みにはならず、

イベントが執り行われるのみとなりました

台南の孔子廟でもイベントがあったようですが、毎年朝5時とかから始まるので

行ったことがありません(^^;)

  

夫は学校から教師節のボーナスをもらってきました~♪

 

ファミマの商品券」700元分(2500円くらい)

Famima001

 

ファミマに商品券があるなんて知りませんでした

最近はあまりコンビニで買い物すること無かったんですが、

お昼作るのめんどくさくなったらコンビニ弁当にしよっかなヽ(°∀°)ノ

  

商品券といえば、普通おつりが出ないってイメージですよね?

台湾でもそうだし、商品券の注意書きにも「おつりは出ません」と明記されていますが、

実はおつりを出さないのは違法だそうです

「おつりは出ません」とか使用期限を表記すること自体違法だとか

行政院消費者保護委員会のHP

消費者にはおつりを要求する権利があるんだそうですが、

小心者の私には言えないな~~~、、、

  

| | コメント (4)

2007年10月 7日 (日)

盲導犬パピー来台

記事に載せていた盲導犬パピー2匹がついに来台したそうです、

しかも北海道の盲導犬協会からです!

<詳しい内容はココ↓(中国語)

http://www.guidedog.org.tw/0_member/news_detail.asp?hidno=61

  

こういう交流って、なんか感動です(T_T)

私は何もできないけど、温かなパピーウォーカーの家庭でスクスクと育って、

一日も早く一人前の盲導犬として活躍できる日が来ることを祈ってます

   

ちなみにパピーウォーカーは常時募集しているとの事ですから、

興味のある方は盲導犬協会に問い合わせてみてください

| | コメント (0)

硫磺精

kuma(夫の実家の犬)はちっちゃい時から皮膚が弱くて、

いつもブツブツが体のどこかにある状態

ひどい時は背中全体が湿っててとってもかゆそう(T_T)

1年ほど前に“ノルバサンシャンプー”がいいと聞いて、ちょっと高いけど買ってみました

<台湾では“福德士”という名前

高いだけあって皮膚の状態はかなり改善!

 

でも最近、空気がじめじめしていたせいかなんだかよくわかりませんが、

ブツブツが激増!痒さも増したみたいでいつも後ろ足でカイカイしていて、

終いにはかきすぎて体のあちこちが傷だらけ、、、

 

で姑が見かねて買ってきたのがコレ↓

Iou001

ジャ~~~ン、硫黄液(硫磺精)

日本では“六一〇ハップ”が有名です、よね?

はじめコレでkumaを洗ってるって知らなくて、

なんか最近kuma懐かしいニオイするな~、って思ってたらコレでした

  

効果はテキメン!

ノルバサンとの併用だから効果があるのか、

それとも硫黄液だけでブツブツが治まるのかは定かではありませんが、

コレは本当にすごいです(゜Д゜)クワッ

  

犬の皮膚病でお困りの方、台湾では薬局で手に入るようですからぜひ使ってみてください

ウチのは1:500で薄めて使うとありますが、製品によって違うかもしれませんから、薬局でちゃんと聞いてみましょうね♪

Kuma5

「お客さん、痒いトコありますか~?」

「あ、そこそこ、もっと力入れて~(*´Д`)=з

あと、背中とシッポの付け根もお願いねん♪」

| | コメント (2)

2007年10月 1日 (月)

『パピーウォーカー』緊急募集!

いまだパピーウォーカーが見つからないということですので、

しばらくこの記事をトップにします

この記事をご覧になった方で、

パピーウォーカーはちょっと、、、という方、

どうかこの情報を一人でも多くの方にお伝えください<(_ _)>

   

U^ェ^UU^ェ^UjU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UjU^ェ^UGuidedog001

台湾の盲導犬協会がパピーウォーカーを

緊急募集しています!

実は私が名乗り出たいところなのですが、

今年は実家の母が入退院を繰り返しているので、

しょっちゅう帰国しなければならず、

あきらめざるを得ません

興味のある方、以下に募集内容の訳を載せますので

ご覧ください

(必要最低条件として、夫婦2人以上の家庭であること、

ほかのペットがいないこと、4時間以上家を空けないこと、

などがあります)

必要であれば通訳などのお手伝いもします

コメント欄にその旨とメールアドレスを載せておいてください

----------------------------------------

台湾の視覚障害者は5万人あまりおり、

この数から台湾には盲導犬が500頭以上は

いなければならない計算になります。

(盲導犬1:視覚障害者100)

台湾盲導犬協会はこの5年間努力を重ね、

これまでに現役合格の盲導犬を19頭育ててきましたが、

まだまだたくさんの“訓練生”が卒業後

仕事に就くことになっています。

協会は海外の関連機構とパートナーシップを築き、

そこから子犬たちの無料提供を受けていますが、

もう一つ、欠かせない存在を必要としています。

一番重要な役を担っていただきたい、その存在とは

すなわち“パピーウォーカー”です。

この秋、協会は4匹の子犬を譲り受けることになっていますが、

パピーウォーカーの不足という大きな問題に直面しています。

もしこの情報を見て、少しでも心が動いたなら

でも決断しかねているなら、以下に挙げる

パピーウォーカーになるメリット”を参考にしてみてください!

一)純血統。盲導犬になるラブラドールやゴールデンレトリーバーは

少なくとも八代前までさかのぼって

家族みんな盲導犬になっています。すごいでしょ!

二)あなた自身の手で人もうらやむ良犬を

育て上げられるのです。盲導犬のパピーウォーカーには、

訓練士や指導員自らが、いかに犬を導いていくか

“伝授”いたします。

お金をかけて犬の訓練学校に通わせる必要はありません。

三)経済的負担はかけません。餌代・医療費は

すべて台湾盲導犬協会から提供させていただきます。

ご負担をおかけするようなことはありません。

四)誇りと栄誉。あなたが真心を持って育て上げた盲導犬は

いつの日か盲人の方の側に立って堂々と胸を張り、

一生懸命まじめに仕事をするのです。

必要とされてプロ根性をささげている姿には

言い表せない感動があり、あなたの誇りとなることでしょう。

   

パピーウォーカーは盲導犬にとって

最も大切な成長の場です。

ご家族の積極的な参加と支持を必要としています。

共に盲導犬を助け、一人でも多くの盲人に幸せを!

サイト(http://www.guidedog.org.tw/)にアクセスするか、

(02)2827-2107までお電話ください。

パピーウォーカーはちょっと、という方も、

どうかこの情報を一人でも多くの人にお伝えください。

それだけで私たちは大変助かります。

ご協力お願いいたします。

------以下、中国語原文------

緊急招募『導盲犬寄養家庭』!

★ 活動内容

台灣的視障同胞有五萬多名,導盲犬則應有五百隻以上(導盲犬與視障者的比例應為1:100)。台灣導盲犬協會經過五年來的努力,現役合格的導盲犬目前共有十九隻,還有許多「學生」即將畢業投入工作的行列。然而,即使協會達成與國外機構建立良好關係,對方願意免費提供我們幼犬,我們仍需要一個不可或缺的角色來完成最重要的任務,那就是『寄養家庭』。

今年秋天,協會即將獲贈四隻小幼犬,卻面臨寄養家庭嚴重不足的情況。若是您看到這個消息,有點心動,有點猶豫不決,請再參考下面擔任寄養家庭的好處吧!

一)血統純正。身為導盲犬的拉布拉多或黄金獵犬,他們的爸爸媽媽、祖父祖母、曾祖父曾祖母、……追溯至少八代以上,都是導盲犬!多威風啊!

二)您自己就能訓練出人見人羨的乖狗狗。成為導盲犬的寄養家庭,將會有訓練師和指導員親自「傳授」您如何教導狗狗,您不必花大錢送狗去訓練學校。

三)沒有額外的經濟負擔。所有的飼料和醫療經費都是由台灣導盲犬協會提供,不會造成您的負擔。

四)驕傲與榮譽。在您全心全意的付出下成長的導盲幼犬,有一天站在盲人身邊昂首挺胸、專心認真的工作,為需要的人奉獻他們的專業時,這份難以言喩的感動將成為您永遠的驕傲!

寄養家庭是導盲犬最重要的搖籃,我們迫切需要家庭的投入和支持,共同幫助導盲犬造福更多盲人!歡迎上網(http://www.guidedog.org.tw/)或是來電(02)2827-2107洽詢

倘若您仍有困難,協會還是懇請您將這消息代為廣發出去,這樣,就是幫了我們一個大忙了呢!感謝您的協助!

| | コメント (0)

しまったぁ、、、

以下はたまたまともさかりえさんのブログ見てやるハメになったゲームです

こういうの、普段ならやらずに飛ばすんですが、たまたまやってしまった、、、

めんどくさがりやな人とブログやってない人はやらない方がいいんじゃないかと、、、

ちなみに私はかなり当たってました(^^;)

------------以下コピペ------------


このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたったの10分で願い事が叶ったそうです。



このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。


約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たったの3分ですから、ためす価値ありです。



まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。




1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。




2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。




3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)



必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。




4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。



まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。




5)最後にお願い事をして下さい。




さて、ゲームの解説です。


1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。


2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。


3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。


4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。


5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。


6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。


7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。


8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。


9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。


10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。


これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けなさい。


そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。

もし、送らなければ、願い事と逆のことが起こるでしょう。

    

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »