« 中元普渡 | トップページ | 新生活への準備(5) »

2007年9月 4日 (火)

国立科学工芸博物館

日曜日、高雄の国立科学工芸博物館へ行ってきました

ここの研究員に論文のアドバイスをもらいに行ったんですが、

せっかく来たし、と展示もついでに見てみました

  

展示の撮影は自由ですが、あまり興味のわくものがなく、

気になったのが解説板や館内の案内表示

  

とある展示の解説板

Dsc02585

言葉のバリアフリー化のために外国語表記は必要です

でも、タイトルだけ外国語表記しても

肝心の説明が翻訳されてなかったら、

ただのカッコつけとしか思えないんですけどぉ、、、?

  

これはよく見る授乳室のピクトグラム

Zukigou079交通エコロジー・モビリティー財団のサイトより

でも、ここのはこんなんだったんです

Dsc02589_2

ちょっとリアル?(*゜ー゜*)ポッ

いや、いいんですけどね、わかりやすくて、、、

  

あと、ここの博物館は入館料取るんですが、

当日なら何度でも出入りできます

で、再び入館するためには手にスタンプを押してもらって

それを再入場の時入口で見せなければなりません

そのスタンプを押すところにある案内板

Stamp

中国語の表記は“外に出る際のスタンプ”とわかるものですが、

英語はただの“STAMP”

これじゃ中国語わかんない人には再入館ができることがわかりません

どこかの国じゃあるまいし、外国人には優待なんてものは

要らないと思ってるんでしょうか?

  

まぁ国立ですから、もちろん感心するサービスもあるんですよ

Dsc02586

“代歩車”、いわゆる電動車両です

移動が不自由な成人なら誰でも借りることができます

(身分証明証が必要)

  

これは2階の展示室にバイクを展示している台湾のバイクメーカー、

光陽が寄贈したものです

国立だけあって館内はかなりの広さなので、

これがあると見学がかなり楽になるはず

実際に操作してる人も見かけました

  

お子さんがいるご家庭なら遊園地感覚で楽しめる場所です

外国人ならパスポートを持っていけば入館料が

半額の50元になります

館内のレストランはいまいち?な味なので、

食事をしたい場合は、近くのマックや高雄牛乳大王へ行った方が

無難でしょう(^^;)

    

國立高雄科學工藝博物館

高雄駅の前から60番のバスが、後ろから73番のバスが出ていますが、

かなり待たされます

駅後ろから出て歩いていくと30分くらいかかります

  

|

« 中元普渡 | トップページ | 新生活への準備(5) »

「博物館類似施設」カテゴリの記事

「台湾」カテゴリの記事

  • (2009.06.29)
  • (2009.06.07)
  • (2009.06.04)
  • (2008.10.11)
  • (2008.08.04)

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ピクトグラムは日本でオリンピックの時に
日本人が英語が話せないので 外国人に
わかりやすいように考えられたのが始まりだそうです。
今なら世界中にありますよね。
でも それぞれ お国柄が出ていて見ていて楽しいです。
 Stamp表示は たしかに記念スタンプと間違えますねぇ~ 国立なら やはりもう少し外国語の説明が
ほしいところですね!


投稿: あさりん | 2007年9月 4日 (火) 12:32

ピクトグラムはいつかは国際標準化されたものができると思うんですが、
地域によって違うのがあっても面白いですよね。
こちらの信号には“動くピクトグラム”もあって、
青信号では“緑の人”が歩いていて、赤信号では“赤の人”が立ってます。
あれ、日本でも採用されると受けると思うんだけどな~?

投稿: >>あさりんさん | 2007年9月 5日 (水) 02:31

授乳室のピクトグラムは、なんともリアルですねぇ。
台湾らしいといえば、そうなのかな。

電動車椅子を常備しているのはさすがですね。
こういうところは、日本も見習ってほしいものです。

投稿: アールン | 2007年9月 9日 (日) 18:24

表現が写実的だなー、と思うことがよくあります。
表現をあいまいにしがちな日本人から見ると
余計そう感じるのかも?
日本でも高齢化が進んでいるので公共の場でのバリアフリー化は必至ですよね。
でも日本だったら操作が危ないとか何とかで、
こういうものを取り入れるには時間がかかりそう、、、

投稿: >>アールンさん | 2007年9月 9日 (日) 19:26

初めまして。私は耳が聞こえないので聴導犬サミーを飼っています。
基本的に海外でもサミーを連れて、一緒に旅しております。今度の10月末に台湾へ行く予定で居ます。それで検疫及び台湾犬事情が知りたく検索していたら、このブログに辿り着きました。私の夢は世界中、サミーと一緒に旅に出ることです。台湾では聴導犬がいません。台湾での盲導犬の待遇はどうでしょうか?デパートやホテルや交通機関は問題なく受け入れてくださるのでしょうか?もし、良ければ些細な情報でも結構ですのでメールしていただけますでしょうか?
ご協力していただけると幸いです。お忙しいところ、お手数をおかけしますがよろしくお願い申し上げます

投稿: ゆんみ | 2007年9月 9日 (日) 23:58

書き込みありがとうございます!
さっそくブログ訪問させていただきました。
メールアドレス記載しておきましたので、ぜひご連絡ください。
お待ちしてます!

投稿: >>ゆんみさん | 2007年9月10日 (月) 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中元普渡 | トップページ | 新生活への準備(5) »