« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月26日 (水)

中秋の名月

今日(25日)は十五夜、台湾では“中秋節”といいます

でも台南はちょっと雲が多くて、あまりきれいな満月を堪能できませんでした

(メロパーの満月のほうがずっときれい、、、)

  

それでも年に一度のこの日を祝う花火が昨日からバンバン打ち上げられ、

今も外ではこの日が去るのを惜しむかのように花火の音が鳴りやみません

   

台湾ではこの日、お月見団子ではなく“月餅(ゲッペイ)”や“鳳梨酥(パイナップルケーキ)”を食べますが、

これはお中元の贈り物のように、お世話になった人へ贈る慣わしがあります

お中元なら選択がいろいろあるけど、中秋節の贈り物はこの2種類オンリー

夫が小学校の先生をしている関係で、毎年この時期、

家には山のようにこれらのお菓子が贈られてきます(ちょっと大げさ(^^;)

使いまわしもできないし、捨てるのももったいないので

ご飯代わりに食べたりして何とか消化している状況、、、

  

この月餅やパイナップルケーキ、最近はいろいろな種類のものが出ています

これはオーソドックスなタイプ

Pine002 

約25cm×25cm×3cm、餡は緑豆餡と黄身、

一度に食べたら殺人的カロリーではないかと思われます、、、

餡はいろんな種類があって、乾燥肉が入っているのとかもあります

   

これは義美というメーカーのもの

Pine001_5

「鳳梨六方焼」

月餅って皮が油っこくてパサパサポロポロのが多いんですが、

これはホットケーキを硬めに焼いたような皮で、あっさりしてて食べやすい口当たりでした

  

これは“日出、大地的乳酪蛋糕”という台中の有名店のもの

Pine003

わざわざパイナップルケーキのためのHPも立ち上げてあります

これは私が日本語の家庭教師をしている歯科医マダムからいただいたもので、

本当なら買えないほどの人気とか

箱には「冬瓜は一切使用しておりません」の注意書き

パイナップルケーキの餡は実はパイナップルだけでなく、冬瓜が混ぜてあるものが多いのです

今回純パイナップル餡を食べてわかったのですが、冬瓜を入れるとすっぱさが軽減されて、

味や舌触りがまろやかになるみたいです

その代わり純パイナップル餡だと、パイナップルケーキを食べる時いつも気になっていた

変な後口は一切ありませんでした

   

Pine005

洗濯の際の注意書き?

“包装は減らしています”とありますが、どう見ても今回もらったものの中で

一番紙が使用されている包装でしたけど?

  

Pine004

すんげー長い紹介文、これもこだわりの現われでしょうか、もちろん読んでません(´-ω-`)

   

個人的には来年は「六方焼」の皮と日出の餡を合わせたものが食べたいなー、という感じです

パイナップルジャム作れたら自分で作ってみるのもありかも?

  

ちなみに今回の記事と関係ないんですが、

Akirabirthday001

夫の誕生日に食べたモンブランケーキ

燃える35歳、、、燃えるほど躍動的な姿を見せてくれ、夫よ!

   

そしてその横でよだれを流す犬一匹

Akirabirthday002_2 

え、俺のは?俺のもあんの?

   

Akirabirthday003

あ、そう、ないんですか、いいけどさ

   

| | コメント (8)

2007年9月23日 (日)

テレビ番組に見る台湾の嫁(1)

台湾のケーブルテレビの普及率はかなりのものだと思いますが、

新しい家にはケーブルテレビを引いてません

それでなくても会話の少ない私たち夫婦、

もし何十チャンネルもあるケーブルテレビを引いてしまったら

この家は完全にテレビの音しか響かない家になってしまうでしょう(T_T)

ということで、テレビ大好きっ子の夫の希望を無視して、

ケーブルテレビを引く予定は全くありません

  

台湾にはもともと“三台”と呼ばれている

民放(半官半民?)チャンネルがあります

台視中視華視です

<なのでケーブルテレビのことを俗に“第四台(4番目のチャンネル)”というワケです

後に民視公視が加わって、

無料で見られるチャンネルは今のところ5チャンネル

  

台湾のケーブルの普及率が高いのは

この無料チャンネルが面白くない、という

みんなの共通認識によるものだと思われます

おまけに安い

台南市で一戸建てだとテレビ一台に付き月600元(2000円くらい)

<テレビの台数で料金を徴収するらしいけど、

 実際のところ何台あっても一台分しか払わないのが普通になっている

  

以前夫の実家に同居していた時はケーブルを引いていたので

私は共通認識にも影響されて、

この5チャンネルをほとんど見たことがありませんでした

  

しかし、新しい家に越してきて、

見る物がこの5チャンネルしかなく、

なんとなく見るようになりました

 

見始めるとけっこう面白い番組もあることを発見!

始めにハマったのは民視のドラマ“

Ai001

コッテコテのソープドラマ

   

まるで日本の「渡鬼」のような超長編ホームドラマ、

<始まって10ヶ月ほどなのにもう200回を越している

だけど「水戸黄門」のように勧善懲悪なのです

  

この単純明快、だけどジェットコースターのようにめまぐるしい展開に

台湾のおばちゃんたち(私も含め)はハマってしまっているらしく、

月曜日から金曜日の20時から22時というゴールデンタイムに

視聴率1位を獲得しているそうです

それにしても週5日、一回2時間も見なきゃいけないって

かなり疲れる、、、

  

このドラマでなるほどと思ったのが台湾の嫁のあり方

いろんなタイプの嫁が出てきますが、

大型ホテルの長男の嫁“家玲”は典型的な

“姑が「こんな嫁ほしい」と思う女性No1”ではないでしょうか

  

『自分は二の次、常に夫・姑を立てる、

仕事で夫をサポートするけど家事もきっちりこなす

どんな屈辱を受けても人を恨まない、

24時間周りに気を配る、

特に姑には金魚の糞みたいにくっついて気を配る、

でもそれはあからさまではなくあくまで影ながら、

で、いざという時には体を張って家族を守る』

  

  

こんな嫁、きっとストレスで早死にしてしまうしょう、、、

  

でもやっぱりこんな嫁が理想なんですよ

姑じゃない私が見てもかわいいな、いじらしいな、と思います

しかし、これ結婚前に見てたら、私、相当ビビっただろうな、、、

   

| | コメント (4)

2007年9月16日 (日)

新生活への準備(5)

長文につき、よっぽど暇でない限り

スルーして下さいますよう<(_ _)>

何のお役立ち情報もないただのグチブロです、、、

  

U^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^UU^ェ^U

  

  

家を買ってもう何ヶ月も経ってるのにこのタイトル、、、

 

いや、実際にはもう住んでるんだけどね

いまだ堂々と人をよんで披露できる体制が整ってないのは、

そもそも夫と私の家に対する観念が

違いすぎたからかもしれない

 

私たちが買ったのはキッチンと浴室以外

何も設備が付いていない、マンションの「空屋」

<かけうどんみたいなもの?え、この例えわかりにくい?

   

家を買う時夫は内装はしないと言った

そんな余裕はないと。

部屋の壁はすべて真っ白で、

ドアや壁の縁取りはこげ茶、

私はこのシンプルな配色が気に入って、

むしろ内装はしたくないくらいだったので賛成した

だって、こっちの内装って

KTV(カラオケボックス)みたいなんだもん

買ったばかりのまっさらな空間を

何でわざわざ大枚はたいてゴチャゴチャにしなきゃいけないの?

  

と思っていたら、何を血迷ったか

夫がいきなり内装をしたいと言い出した

え゛、って思ったけど、とりあえず見積もってもらうことになった

すると3LDKでしめて30万台湾ドル(¥100万ちょっと)也!!

 

貧乏性の私にとって受け入れがたい値段だった

家を買ってから「ローンが、ローンが、、、」が口癖になってた夫が

なぜこんなお金がかかることをしようと思いついたのかも

理解できなかった

 

当然私は反対モード、

内装に日々思いが募る夫とかなり険悪なムードが続いた

私は人と話し合いで物事を決めることが下手なのかもしれない

険悪なムードを避けたいと思いつつも、

どうしてもカラオケボックスがいやな私は折れることができなかった

いや、一時は「一部ならやってもいい」とまで譲ったが、

結局夫は全部できないならいい、と言って交渉決裂

 

それから夫は家のことにまったく興味を示さなくなり、

電気をつけたり必要最低限の家具をそろえたりといった

夫婦で楽しく協力し合ってやる仕事を

全部私が引き受けることとなった

 

で、いまだに“新生活への準備”が続いてるってワケ

時間はかかったけど、私が引き受けることで夫の不満が納まり、

無駄遣いしなくて済んだと思えば、一人でやるのは寂しいけど

まあいっかぁ、と自分を慰めながらここまでやってきた

実際このおかげでDIYに目覚めたし♪

  

と楽観的に考えようとしていたのだが、

どうやら夫の不満は治まっていなかったらしい

 

不満の再発、事の起こりは“風水”

夫は当初、梁の下で寝るのはいやだと言った

私は何のことかわからなかったけど

いやと言うのでベッドを壁から少し離して

梁の下に頭が来ないようにしていた

  

最近それは風水上よくないことだと気づいた

風水はけっこう信じるほうなので

もともとなんとも思ってなかった私は急に気になり始めた

ネットで検索すると、壁から頭を離して寝るのも

よくないというではないか∑( ̄口 ̄)

  

ますます気になりだして、

最近寝つきが悪かったり、寝起きがよくなかったりしたのは

そのせいだったのか、と思うようになった

<なんて暗示にかかりやすいヤツ、、、

  

とにかく何とかしなければ、とネットの情報を総動員して

わかったことは

 

1、角がある梁や柱からは悪い気が出ていて体によくない

2、梁や柱の側に水晶や虎の尾という観葉植物を置くと

  その気が防げる

  

虎の尾という植物はマイナスイオンをよく出すので

部屋の空気浄化にもいい、という情報を見て

水晶よりも実用的な虎の尾を置くことにした

 

最近は何でも自分でそろえることが習慣になっていたので

夫にも相談せずさっそく購入

空気浄化になるんだからまさか反対するだろうとは

夢にも思わなかったのだ、、、

  

が、アマノジャク夫は断固反対

なんでも部屋に土があることがイやなんだそうだ

観葉植物を部屋に置くことはそんな変わった事じゃないと言っても

空気が浄化されると言っても、とにかく「土がイヤ」の一点張り

しまいには部屋が私の好きなようにばかりなっていく、

内装頼めば風水の問題はなかったのに、と言い出した

  

え~~~、あんたがぜんぜん協力せんけぇじゃろー!

って、いままで苦労して一人でやってきたことを全否定されて

泣きたくなった_| ̄|○

イヤ、結局は一人でやるべきではなかったのか、

なじられてもののしられても

「いっしょにやろう」と交渉するべきだったのか

  

結局虎の尾はリビングに置いた

もういいや、

無駄遣いしないで済むんなら私が悪者になろう、

いつかわかってくれるさ、って思ってたけど

どうも来世になってもわかってはくれなさそうだ  

  

他人同士がいっしょに暮らすってムヅカシイ

結婚3年以上経っても上手に話し合いできない

私に問題があるんだろうけど、、、

| | コメント (4)

2007年9月 4日 (火)

国立科学工芸博物館

日曜日、高雄の国立科学工芸博物館へ行ってきました

ここの研究員に論文のアドバイスをもらいに行ったんですが、

せっかく来たし、と展示もついでに見てみました

  

展示の撮影は自由ですが、あまり興味のわくものがなく、

気になったのが解説板や館内の案内表示

  

とある展示の解説板

Dsc02585

言葉のバリアフリー化のために外国語表記は必要です

でも、タイトルだけ外国語表記しても

肝心の説明が翻訳されてなかったら、

ただのカッコつけとしか思えないんですけどぉ、、、?

  

これはよく見る授乳室のピクトグラム

Zukigou079交通エコロジー・モビリティー財団のサイトより

でも、ここのはこんなんだったんです

Dsc02589_2

ちょっとリアル?(*゜ー゜*)ポッ

いや、いいんですけどね、わかりやすくて、、、

  

あと、ここの博物館は入館料取るんですが、

当日なら何度でも出入りできます

で、再び入館するためには手にスタンプを押してもらって

それを再入場の時入口で見せなければなりません

そのスタンプを押すところにある案内板

Stamp

中国語の表記は“外に出る際のスタンプ”とわかるものですが、

英語はただの“STAMP”

これじゃ中国語わかんない人には再入館ができることがわかりません

どこかの国じゃあるまいし、外国人には優待なんてものは

要らないと思ってるんでしょうか?

  

まぁ国立ですから、もちろん感心するサービスもあるんですよ

Dsc02586

“代歩車”、いわゆる電動車両です

移動が不自由な成人なら誰でも借りることができます

(身分証明証が必要)

  

これは2階の展示室にバイクを展示している台湾のバイクメーカー、

光陽が寄贈したものです

国立だけあって館内はかなりの広さなので、

これがあると見学がかなり楽になるはず

実際に操作してる人も見かけました

  

お子さんがいるご家庭なら遊園地感覚で楽しめる場所です

外国人ならパスポートを持っていけば入館料が

半額の50元になります

館内のレストランはいまいち?な味なので、

食事をしたい場合は、近くのマックや高雄牛乳大王へ行った方が

無難でしょう(^^;)

    

國立高雄科學工藝博物館

高雄駅の前から60番のバスが、後ろから73番のバスが出ていますが、

かなり待たされます

駅後ろから出て歩いていくと30分くらいかかります

  

| | コメント (6)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »