« ちまきをつくる(2) | トップページ | とある芸術系大学のキャンパスにて »

2006年5月23日 (火)

ちまきをつくる(3)レシピ

秋元さんのリクエストにお答えして番外編です

姑は記憶と勘に頼ってやっているので、

計量などは一切いたしません<さすがベテラン!

なので量に関しては私がこれまた見た目と勘で割り出しました

お好みで増減してください

なお材料、味つけは台湾各地、各家庭でかなり違うようです

ここで紹介するのは台南県の白河というところの近くの

某家の秘伝レシピです<ウソ、秘伝でも何でもありません

【材料】

もち米 7.5カップ(お米の計量カップ)

干ししいたけ 20枚

干しえび 1/2カップ

干し栗 20個

ばら肉 900g

生落花生 適量

塩漬け卵(アヒルの卵、あればでよい) 20個

切干大根 適量

エシャロット (球根状のもの)2つ

醤油 1カップ

ざらめ(普通の砂糖でも可) 大匙1

水 1500cc

八角 一つ

白コショウ 適量

竹の葉 40枚

タコ糸 20本

【つくり方】

①竹の葉を2-3時間水につけ、やわらかくなったら洗う。

 洗ったら大鍋で煮る。お湯が煮立ったら火を止め、一時間置く。

②もち米を洗って2時間ほど水につけておく。

③干ししいたけは戻しておく。

 ※干ししいたけの水は取っておく。

 ※干ししいたけは石づきを切り落とす。しいたけが大きい場合は半分に切る。

④エシャロットはあらみじん切り、ばら肉は一口大よりちょっと小さめに切っておく。

  

001

002

⑤深めの鍋に油大匙3を熱し、エシャロット、干しえびをきつね色になるまで炒める。それからばら肉、しいたけ、切干大根、醤油、ざらめ、水、八角、③の戻し汁及び白コショウを投入して30分ほど煮込む。

⑥鍋から材料を取り出し、残った汁でもち米を汁気がなくなるまで炒める。

 ※⑥の汁はここで使わず、別におこわを炊いてみてもおいしいhappy02

⑦包む作業に入る。(「ちまきをつくる(2)」参照)

003

 竹の葉を袋状にしたところにもち米、栗、生落花生、塩漬け卵及び⑤で煮込んだものを入れ、再びもち米をかぶせるように入れる。

 ※入れすぎると包みきれないので欲張らないよう!

 ※各材料が均等に配分されるよう入れましょう。

⑧大鍋にちまきと水(全部浸るくらい)を入れ、1時間10分から1時間半ほどゆでる。

 ※上の材料で20個作ると小さめになるので、大き目がいい時は13-15個くらいにする。20個の場合は1時間10分ほど、13-15個の場合は1時間半ゆでる。

つたない説明ですみません

精一杯簡略化したつもりですが、後で見てまた表現を直すかもしれません

自分だけわかったつもりになってるかもしれないので

わからない表現があったら教えてくださいm(__)m

興味をもたれた方、そして材料が手に入る方、

わが家の味をぜひお試しくださいませ!

|

« ちまきをつくる(2) | トップページ | とある芸術系大学のキャンパスにて »

料理・飲食」カテゴリの記事

  • (2009.06.29)
  • (2009.06.24)
  • (2009.06.24)
  • (2009.06.04)
  • (2008.06.08)

コメント

>>計量などは一切いたしません<さすがベテラン!> よく料理をする人は、皆ベテランですね!!母もかなりのベテランですから、いつも「適当に入れていいよ」と言いました。その適当の量が知りたいのに、適当な答えしかもらえない。。。

投稿: jia_aij | 2006年5月23日 (火) 15:30

いやぁ…レシピ見て作ろうと思ったけど、やっぱり面倒くさそう!!誰かと一緒に作るといいんだろうなぁ。中国人に教えてもらおう!!っていっても餃子とかは良く作るんだけどなぁ。

投稿: smile | 2006年5月23日 (火) 17:49

 感謝、感謝、大感謝。  こんなに、こんなに、たくさん・・・。  ありがとうございます。  わがままきいてもらって、プリントアウトして、家宝にします。  ザラメを使うのですね。さすが・・。  味は、なかなか同じとはいかなでしょうが、つくってみます。  ほんとに、ありがとうございます。  お姑さんにも、よろしくおつたえください。    秋元 良平

投稿: 秋元 良平 | 2006年5月23日 (火) 20:23

すごい!!こんなに手間ヒマかけてるんだもの、おいしいに決まってる!!愛を感じるなあ。こんなに丁寧なお料理をまだ一度もしたことがないわたし・・・反省(>_)

投稿: 友人R | 2006年5月24日 (水) 00:44

南部のものはやはり茹でて作るのですねー!それにしても大変そう・・・うちは買ったヤツでいいです・・・

投稿: 87 | 2006年5月24日 (水) 18:30

>>jia_aijさん ウチの実家の母なんかは新米主婦の頃レシピノート作ってそれ見ながらやってたそうです。もう覚えちゃってるので見なくていいそうなんですが、実家に帰った時は私が参考に見せてもらってます

投稿: ちまき55 | 2006年5月27日 (土) 05:49

>>smileさん 一人じゃかなり面倒ですよ、慣れた人とやらないと。 餃子の手作りといえば、台湾人の友達の実家が餃子・小龍湯包の食堂をやっていて、よく手伝いにいきました。記念にって麺棒までもらって、当時はよく自分でも作ってたんですが、もう何年も作ってないなぁ、、、忘れちゃったかも(>_)

投稿: ちまき55 | 2006年5月27日 (土) 05:54

>>秋元さん 私の方こそ、レシピにまとめるきっかけつくってもらえてよかったです。 もう3年くらい手伝ったのに、今までメモしなかったから、いつまでたっても自分で味付けできなかったんです(^^; これで来年から私も味付けに挑戦できます!

投稿: ちまき55 | 2006年5月27日 (土) 05:57

>>>>Rちゃん 私も普段は超簡単レシピしか採用してないのではじめは「んなめんどくさいことしなくても、有名な店の買ってくればいいじゃん!」ってちょっと思っちゃいました(^^; でも楽しかったからやっぱり作ってよかった こんどぜひRちゃんちでみんなで作ってみたいですm(_ _)m

投稿: ちまき55 | 2006年5月27日 (土) 06:07

>>87ママ 台南ではここ一週間ほど粽の店がにぎわっているのをよく見かけますが、台北はどうですか?犬用の粽とかあったら、87ちゃんも味わえるのにね。<実はあるとか??

投稿: ちまき55 | 2006年5月27日 (土) 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190851/10600887

この記事へのトラックバック一覧です: ちまきをつくる(3)レシピ:

« ちまきをつくる(2) | トップページ | とある芸術系大学のキャンパスにて »