« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月30日 (月)

国立科学博物館

博物館見学記更新

http://spaces.msn.com/ilovemuseum/

| | コメント (0)

国立科学博物館

博物館見学記更新

http://spaces.msn.com/ilovemuseum/

| | コメント (0)

下流(かりゅう)くん

やっと自分のノートでネットできるようになった

日常、テレビつけるみたいにネットにつなげてたから

ネットできない環境になるとすごく不便に感じる。

そのじつ、別段不便でもないのだけど。

 

論文進めるのだって、紙の資料を見て

紙と鉛筆使ってまとめればいいのだし、

メールやブログチェックするなら2・3日に一度

ネットカフェに行けばよいのだし。

 

結局言い訳にしたいだけなのだ。

何もする気になれなくて、

できないのは環境が整ってないからだ、と

こじつけてるだけ。

 

昨日テレビで「下流くん」という新語を紹介してた。

(中国語だと"下品"という意味になるけど

それとは関係ないみたい)

いわゆる「上流」と対極にある世界に

生きてる人たちを指した言葉で、

"くん"と言ってるところが、男性を前提にしている。

たぶん男性に多い傾向で、

あまりがんばって生きたくない人のことを言っているらしい。

 

紹介された若者たちはみなフリーターで、

月収は10-18万程度、

年収は自分の年×10万と番組では定義していた。

 

番組見てる間、

「私って"下流ちゃん"?」と思った。

 

コメンテーターはみんな彼らのことを心配していたけど、

そんなにがんばって生きなきゃいけないの?

確かに老後のこととか考えると不安かもしれないけど、

自殺して人生放棄しちゃう人たちより

よっぽど前向きだと思うんだけど。

それともがんばって生きないヤツには生きる資格がないと?

 

とはいいつつも、論文が進まないことにも

口実を作ろうとし、自分の将来に不安を隠せない私は

やっぱりだめな生き方してるんだろうか?

 

| | コメント (2)

下流(かりゅう)くん

やっと自分のノートでネットできるようになった

日常、テレビつけるみたいにネットにつなげてたから

ネットできない環境になるとすごく不便に感じる。

そのじつ、別段不便でもないのだけど。

 

論文進めるのだって、紙の資料を見て

紙と鉛筆使ってまとめればいいのだし、

メールやブログチェックするなら2・3日に一度

ネットカフェに行けばよいのだし。

 

結局言い訳にしたいだけなのだ。

何もする気になれなくて、

できないのは環境が整ってないからだ、と

こじつけてるだけ。

 

昨日テレビで「下流くん」という新語を紹介してた。

(中国語だと"下品"という意味になるけど

それとは関係ないみたい)

いわゆる「上流」と対極にある世界に

生きてる人たちを指した言葉で、

"くん"と言ってるところが、男性を前提にしている。

たぶん男性に多い傾向で、

あまりがんばって生きたくない人のことを言っているらしい。

 

紹介された若者たちはみなフリーターで、

月収は10-18万程度、

年収は自分の年×10万と番組では定義していた。

 

番組見てる間、

「私って"下流ちゃん"?」と思った。

 

コメンテーターはみんな彼らのことを心配していたけど、

そんなにがんばって生きなきゃいけないの?

確かに老後のこととか考えると不安かもしれないけど、

自殺して人生放棄しちゃう人たちより

よっぽど前向きだと思うんだけど。

それともがんばって生きないヤツには生きる資格がないと?

 

とはいいつつも、論文が進まないことにも

口実を作ろうとし、自分の将来に不安を隠せない私は

やっぱりだめな生き方してるんだろうか?

 

| | コメント (2)

2006年1月21日 (土)

体脂肪計

近くの量販店で日本製のタニタの体脂肪計を発見

ダーリンにおねだりして買ってもらった♪

 

早速家に帰り計ってみると

 

(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

家にあった体重計と数値が違う、、、(1kg増)

 

数値としては標準だったみたいだけど

ショックは隠せない

 

よーし、明日から日本で歩き込みじゃっ!!

 

| | コメント (0)

体脂肪計

近くの量販店で日本製のタニタの体脂肪計を発見

ダーリンにおねだりして買ってもらった♪

 

早速家に帰り計ってみると

 

(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

家にあった体重計と数値が違う、、、(1kg増)

 

数値としては標準だったみたいだけど

ショックは隠せない

 

よーし、明日から日本で歩き込みじゃっ!!

 

| | コメント (0)

2006年1月20日 (金)

涙の里帰り

4ヶ月ぶりの帰国。

ビンボーなくせにこの頻度

ちょっと罪悪感

しかも修論がほぼ進展なしなので

罪悪感はさらにつのる(((( ;゚д゚)))アワワワ・・・

 

こんなに素直に喜べない帰国が

かつてあっただろうか、、、

8月に止まる奨学金のことを考えると

日本に帰ってもぜいたくは一切できない

この夏に修士を修了できると確定してれば

話は別だけど

 

アァ、30も半ばを超えるというのに

まだお金がないつらさに付きまとわれてる

マジ泣けてくるゼ(T_T)(T_T)(T_T)

 

| | コメント (0)

涙の里帰り

4ヶ月ぶりの帰国。

ビンボーなくせにこの頻度

ちょっと罪悪感

しかも修論がほぼ進展なしなので

罪悪感はさらにつのる(((( ;゚д゚)))アワワワ・・・

 

こんなに素直に喜べない帰国が

かつてあっただろうか、、、

8月に止まる奨学金のことを考えると

日本に帰ってもぜいたくは一切できない

この夏に修士を修了できると確定してれば

話は別だけど

 

アァ、30も半ばを超えるというのに

まだお金がないつらさに付きまとわれてる

マジ泣けてくるゼ(T_T)(T_T)(T_T)

 

| | コメント (0)

2006年1月16日 (月)

あいかわらずはうれしいけど、、、

日本語教師をしていたときの同僚を家に招いた

何ヶ月かぶりだったが相変わらずだった

 

知り合いが相変わらずだとなんだかほっとする

病気になったとか、事故に遭ったとかもなく、

急に帰国することになったとかもなく、

この地で淡々と生活していると知ると、

知り合いが平穏無事に暮らしていることにほっとすると同時に、

一人この地に残されていなくてよかった、

と安堵する

 

別にここにいる日本人の知り合いと

しょっちゅう連絡取ったり、会ったりするわけでもないのだが、

もし知り合いの日本人がみんな帰国してしまったりしたら

なんだか取り残されたようであせってしまう

 

たぶん、私がここで自信に満ちてやっていることが

ないからだと思う

ここには私が必要なんだ、と思える状況がないからだと思う

 

だからほかの人たちが淡々と暮らしていると

「何だ、マイペースでいいんだ」と確認できて

ほっとするのだ

 

なんて自分に自信のないヤツなんだ、、、

 

何年か前、ある学生さんから

「先生、もっと強くならなきゃ」と説教じみたことを言われた

たぶん私の言葉尻から

私が自分に自信なく生きているのがわかったんだと思う

そして何年もたった今でもよくその言葉を思い出しては

強くなってない自分にがっかりする

 

強くなりたいと思う自分と、

マイペースでいいことにほっとする自分、

私っていったい、どう生きたいんだろう、、、

 

| | コメント (0)

あいかわらずはうれしいけど、、、

日本語教師をしていたときの同僚を家に招いた

何ヶ月かぶりだったが相変わらずだった

 

知り合いが相変わらずだとなんだかほっとする

病気になったとか、事故に遭ったとかもなく、

急に帰国することになったとかもなく、

この地で淡々と生活していると知ると、

知り合いが平穏無事に暮らしていることにほっとすると同時に、

一人この地に残されていなくてよかった、

と安堵する

 

別にここにいる日本人の知り合いと

しょっちゅう連絡取ったり、会ったりするわけでもないのだが、

もし知り合いの日本人がみんな帰国してしまったりしたら

なんだか取り残されたようであせってしまう

 

たぶん、私がここで自信に満ちてやっていることが

ないからだと思う

ここには私が必要なんだ、と思える状況がないからだと思う

 

だからほかの人たちが淡々と暮らしていると

「何だ、マイペースでいいんだ」と確認できて

ほっとするのだ

 

なんて自分に自信のないヤツなんだ、、、

 

何年か前、ある学生さんから

「先生、もっと強くならなきゃ」と説教じみたことを言われた

たぶん私の言葉尻から

私が自分に自信なく生きているのがわかったんだと思う

そして何年もたった今でもよくその言葉を思い出しては

強くなってない自分にがっかりする

 

強くなりたいと思う自分と、

マイペースでいいことにほっとする自分、

私っていったい、どう生きたいんだろう、、、

 

| | コメント (0)

2006年1月13日 (金)

台湾で働きたくない理由

昨日今日の2日間、台湾国立科学工芸博物館

博物館のビジター研究に関するシンポジウムがあった。

去年も出席したが、一日目は寝坊して参加できず、

今年はちゃんと出席しようと勇んで行った。

 

気合のおかげで昨日は遅刻もせず、

片道2時間の遠さにもめげず出席した。

内容もとても参考になった。

そして今日も参加するつもりだった。

 

が、結局今日は休んでしまった。

というのも、今月末に日本に出向いて

博物館を調査する予定なのだが、

その連絡が全然進んでいなかったのだ。

 

もう一ヶ月も前から日程は決めていたのだが、

連絡を取るといっていた論文の指導教授が

今日になって私に自分で連絡しろというのだ!!

 

実はこれは一ヶ月前に先生に相談した時から

恐れていたことだった。

一概には言えないが、私の感覚では

台湾人と日本人は時間に対する観念が違うことが多々ある。

たぶんその時の先生は

「一ヶ月?余裕、余裕」と思っていたに違いない。

なので私は再三先生に確認していた。

 

にもかかわらず、今日になって、

恐れていた事態が起こった。

 

日本にいる知り合いに頼むつもりだったが

今日になってやっと連絡がとれた。

が、もうあまり時間がないので

自分で直接連絡した方がいいと、、、

 

結局朝から日本に電話を掛け捲り、

今日の内にかたがついた。

 

論文指導の先生だからどんなあきれた

事態に陥れられても最後はあきらめるしかないが、

これが会社の上司や同僚だったら

ストレスで倒れてしまうこと間違いなし。

 

私のような小心者にとって

台湾で働くのは危険すぎる、、、

 

| | コメント (2)

台湾で働きたくない理由

昨日今日の2日間、台湾国立科学工芸博物館

博物館のビジター研究に関するシンポジウムがあった。

去年も出席したが、一日目は寝坊して参加できず、

今年はちゃんと出席しようと勇んで行った。

 

気合のおかげで昨日は遅刻もせず、

片道2時間の遠さにもめげず出席した。

内容もとても参考になった。

そして今日も参加するつもりだった。

 

が、結局今日は休んでしまった。

というのも、今月末に日本に出向いて

博物館を調査する予定なのだが、

その連絡が全然進んでいなかったのだ。

 

もう一ヶ月も前から日程は決めていたのだが、

連絡を取るといっていた論文の指導教授が

今日になって私に自分で連絡しろというのだ!!

 

実はこれは一ヶ月前に先生に相談した時から

恐れていたことだった。

一概には言えないが、私の感覚では

台湾人と日本人は時間に対する観念が違うことが多々ある。

たぶんその時の先生は

「一ヶ月?余裕、余裕」と思っていたに違いない。

なので私は再三先生に確認していた。

 

にもかかわらず、今日になって、

恐れていた事態が起こった。

 

日本にいる知り合いに頼むつもりだったが

今日になってやっと連絡がとれた。

が、もうあまり時間がないので

自分で直接連絡した方がいいと、、、

 

結局朝から日本に電話を掛け捲り、

今日の内にかたがついた。

 

論文指導の先生だからどんなあきれた

事態に陥れられても最後はあきらめるしかないが、

これが会社の上司や同僚だったら

ストレスで倒れてしまうこと間違いなし。

 

私のような小心者にとって

台湾で働くのは危険すぎる、、、

 

| | コメント (2)

2006年1月10日 (火)

先生、お疲れ様でした

院での2年半、とてもお世話になった先生が

学校を辞められ、元いた博物館に研究員として

戻られることとなった。

学生にとってはお母さんみたいな存在で

本当にたくさんの学生から慕われている。

 

ここ1・2年、私たちの研究科では

なぜか派閥みたいなものができ、

ある先生を敬うあまり、

他の先生方に牙を向くような学生が何人か現れ、

牙を向かれた先生方もほとほと手を焼いていた。

裁判沙汰にまでなったこともあった。

 

私からしてみると

学生なんだから勉強に専念してればいいのに

って感じなんですけど、

日本の学校でもこういう環境あるんですかね??

 

辞められることになった先生のお別れ会があり、

先生を慕う在学生、卒業生たちが集まった。

先生はその席での挨拶で、

「私が止めるのはみんなが思ってる理由が直接の理由じゃないから、

ただ、引き金になったことは確かかな」

と少し寂しそうに、でも踏ん切りがついたようにおっしゃっていた

 

先生はすごくやる気に満ち溢れてる方で、

50歳くらいだが

「また新しいことに挑戦して、もう一度輝きたい!」

とおっしゃった。

 

私も50歳になってもあんなふうに

胸を張って言える人間でいたいです

 

 [230722.jpg]

 

これは先生へのプレゼントの一つで、

学生が自分で刺繍を施した男性用パンツ。(先生のだんな用?)

先生が好きな三葉虫のデザイン。

 

| | コメント (0)

先生、お疲れ様でした

院での2年半、とてもお世話になった先生が

学校を辞められ、元いた博物館に研究員として

戻られることとなった。

学生にとってはお母さんみたいな存在で

本当にたくさんの学生から慕われている。

 

ここ1・2年、私たちの研究科では

なぜか派閥みたいなものができ、

ある先生を敬うあまり、

他の先生方に牙を向くような学生が何人か現れ、

牙を向かれた先生方もほとほと手を焼いていた。

裁判沙汰にまでなったこともあった。

 

私からしてみると

学生なんだから勉強に専念してればいいのに

って感じなんですけど、

日本の学校でもこういう環境あるんですかね??

 

辞められることになった先生のお別れ会があり、

先生を慕う在学生、卒業生たちが集まった。

先生はその席での挨拶で、

「私が止めるのはみんなが思ってる理由が直接の理由じゃないから、

ただ、引き金になったことは確かかな」

と少し寂しそうに、でも踏ん切りがついたようにおっしゃっていた

 

先生はすごくやる気に満ち溢れてる方で、

50歳くらいだが

「また新しいことに挑戦して、もう一度輝きたい!」

とおっしゃった。

 

私も50歳になってもあんなふうに

胸を張って言える人間でいたいです

 

 [230722.jpg]

 

これは先生へのプレゼントの一つで、

学生が自分で刺繍を施した男性用パンツ。(先生のだんな用?)

先生が好きな三葉虫のデザイン。

 

| | コメント (0)

2006年1月 7日 (土)

自分の身は自分で守らなければならない

今日は朝からがつんと一発ダメージを受け
まだ完全に立ち直ってません、、、

今日は先輩の修論口答試験が朝からあるというので
参考に、と勇んで学校へ行きました

勇んで、というのも
私の家から学校まではバイクで1時間以上もかかるから
今日はここ最近で一番寒い朝で、
しかも昨日は夜中から寝付けず
結局朝まで起きてて寝不足状態
本当に行きたくなかった、、、

でもこの機会を逃すともうほかの口答試験は残ってなかったので
自分を奮い立たせていきましたよ、寒空の下
上着を3枚も着て!

這うようにして学校に着き、
試験会場を探しました、がしかし、見つからない
なんだかシーンと静まり返ってる

???why???
で、論文指導の先生の研究室を訪ねてみると、
「あ、何今頃来てるの?試験ならもうとっくに終わったよ」
と助手が言い放つではありませんか!?

「え、だって10時半からじゃ、、、今まだ10時45分」
「あ、試験、9時からに変更になったよ」

"(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ プルプルッ"

返す言葉もありませんでした
昨日の晩、研究科のHP見た時は時間変更なんて載ってなかったし

載せろよっ(って言いたかった、言えなかったけど)

最後のとどめは「15分しか遅れなかったと思ったの?

カカカッヽ( ´¬`)ノ」
と笑い飛ばした助手の言葉(゚ロ゚;)

だいたいあんた、あたしが聞きに来るって知ってたんだから
連絡くらいしてくれても罰当たらんじゃろぉぉぉっ!

何が起きてもフシギじゃない、
他人の慈悲に期待してはいけない、
自分の身は自分で守らなければならない、
不幸が降りかかっても笑うしかない、
(そして、そんなとこだとわかっているのに離れられない)

そんな台湾、お暇なら住みに来てください

 

| | コメント (0)

自分の身は自分で守らなければならない

今日は朝からがつんと一発ダメージを受け
まだ完全に立ち直ってません、、、

今日は先輩の修論口答試験が朝からあるというので
参考に、と勇んで学校へ行きました

勇んで、というのも
私の家から学校まではバイクで1時間以上もかかるから
今日はここ最近で一番寒い朝で、
しかも昨日は夜中から寝付けず
結局朝まで起きてて寝不足状態
本当に行きたくなかった、、、

でもこの機会を逃すともうほかの口答試験は残ってなかったので
自分を奮い立たせていきましたよ、寒空の下
上着を3枚も着て!

這うようにして学校に着き、
試験会場を探しました、がしかし、見つからない
なんだかシーンと静まり返ってる

???why???
で、論文指導の先生の研究室を訪ねてみると、
「あ、何今頃来てるの?試験ならもうとっくに終わったよ」
と助手が言い放つではありませんか!?

「え、だって10時半からじゃ、、、今まだ10時45分」
「あ、試験、9時からに変更になったよ」

"(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ プルプルッ"

返す言葉もありませんでした
昨日の晩、研究科のHP見た時は時間変更なんて載ってなかったし

載せろよっ(って言いたかった、言えなかったけど)

最後のとどめは「15分しか遅れなかったと思ったの?

カカカッヽ( ´¬`)ノ」
と笑い飛ばした助手の言葉(゚ロ゚;)

だいたいあんた、あたしが聞きに来るって知ってたんだから
連絡くらいしてくれても罰当たらんじゃろぉぉぉっ!

何が起きてもフシギじゃない、
他人の慈悲に期待してはいけない、
自分の身は自分で守らなければならない、
不幸が降りかかっても笑うしかない、
(そして、そんなとこだとわかっているのに離れられない)

そんな台湾、お暇なら住みに来てください

 

| | コメント (0)

SDI中国で働く人Blog

というサイトにブログ書き始めた

といってもメインはあくまでこっちで

タイトルのサイトには台湾に関する記事をコピペするだけだけど

 

「中国」という言葉にかなり罪悪感感じるが

台湾の方も書いてるみたいなので

とりあえず始めることにした

 

あーッ、論文じゃないものばかりが

どんどん進んでいくぅ(T_T)

 

| | コメント (0)

SDI中国で働く人Blog

というサイトにブログ書き始めた

といってもメインはあくまでこっちで

タイトルのサイトには台湾に関する記事をコピペするだけだけど

 

「中国」という言葉にかなり罪悪感感じるが

台湾の方も書いてるみたいなので

とりあえず始めることにした

 

あーッ、論文じゃないものばかりが

どんどん進んでいくぅ(T_T)

 

| | コメント (0)

2006年1月 5日 (木)

トマト日記

前回の暴風でもうだめになったかとあきらめていたトマトが

その後、目覚しい成長を遂げている。

いや、本当、よくがんばってる。

見てると何だか勇気づけられるくらい。

 

花まで咲かせたが、

なんとそのうちの一つが

実らしきものをつけているではないか!!

 

トマトになるんだろうか、、、

ガンバレー

[226414.jpg]

| | コメント (0)

トマト日記

前回の暴風でもうだめになったかとあきらめていたトマトが

その後、目覚しい成長を遂げている。

いや、本当、よくがんばってる。

見てると何だか勇気づけられるくらい。

 

花まで咲かせたが、

なんとそのうちの一つが

実らしきものをつけているではないか!!

 

トマトになるんだろうか、、、

ガンバレー

[226414.jpg]

| | コメント (0)

2006年1月 4日 (水)

日本語教師

天職かもしれない

 

私みたいに教えられる台湾語の先生がいたらいいのに、

とよく思う

 

昨日も研究室で「論文書くぞー」って意気込んでたら

論文指導の先生から呼び出され

「今から会議行かなきゃいけなくなったから

悪いけど3時からの日本語の授業代講してくれる?」

ってもう3時5分じゃん!!

 

何の準備もなく行ったけど

初級だったので何とか切り抜けた

楽しかったし

(結局論文のことは何もできんかったけどshock

 

日本語教師以外にできることないかな

と思って院に進んだけど

やっぱりこの仕事から離れられないし

この仕事やってる時は自分に自信が持てて楽しい

 

趣味、というと驕ってるかもしれないけど

どうやったらみんながわかりやすく勉強できるか、

色々アイデアが浮かんでくる

(論文もこうだといいのに、、、)

 

院を終了して

日本語教師の職に就くかどうかは別として

一生やっていけたらと思う

 

| | コメント (2)

日本語教師

天職かもしれない

 

私みたいに教えられる台湾語の先生がいたらいいのに、

とよく思う

 

昨日も研究室で「論文書くぞー」って意気込んでたら

論文指導の先生から呼び出され

「今から会議行かなきゃいけなくなったから

悪いけど3時からの日本語の授業代講してくれる?」

ってもう3時5分じゃん!!

 

何の準備もなく行ったけど

初級だったので何とか切り抜けた

楽しかったし

(結局論文のことは何もできんかったけどshock

 

日本語教師以外にできることないかな

と思って院に進んだけど

やっぱりこの仕事から離れられないし

この仕事やってる時は自分に自信が持てて楽しい

 

趣味、というと驕ってるかもしれないけど

どうやったらみんながわかりやすく勉強できるか、

色々アイデアが浮かんでくる

(論文もこうだといいのに、、、)

 

院を終了して

日本語教師の職に就くかどうかは別として

一生やっていけたらと思う

 

| | コメント (2)

2006年1月 3日 (火)

レポート終了

やっと終わった

いつもながらの「生みの苦しみ」

 

でも次の波が待ってる

その名は「修

 

 

 

論」

 

かなりの高波でビビっていたんだけど

同じゼミの子から論文の書き方を紹介した本を

教えてもらって読み始めたら少し勇気が出てきた、、、

 

修論書き上げた暁には

ぜひこの本を日本語に翻訳して

日本の悩める学生たちを救ってあげたいheart

| | コメント (0)

レポート終了

やっと終わった

いつもながらの「生みの苦しみ」

 

でも次の波が待ってる

その名は「修

 

 

 

論」

 

かなりの高波でビビっていたんだけど

同じゼミの子から論文の書き方を紹介した本を

教えてもらって読み始めたら少し勇気が出てきた、、、

 

修論書き上げた暁には

ぜひこの本を日本語に翻訳して

日本の悩める学生たちを救ってあげたいheart

| | コメント (0)

2006年1月 1日 (日)

そういえば初夢

見た。

誰かがクマに襲われてた。

自分じゃなかったと思うけど、、、

けっこうリアルだった。

 

やせこけたクマがおねーさんを見かけて

ガォーッって追いかけて、

おねーさん血みどろでした。

 

あ、お正月からやな場面sweat01

 

その前まで男の子が就職活動してる夢だったのに、

なぜか主役が女に代わってしまった。

(就職活動ってとこが自分の不安を反映してるのか??)

 

徹夜明けの夢がこんなんじゃ

目覚めも悪いはずだbomb

| | コメント (0)

そういえば初夢

見た。

誰かがクマに襲われてた。

自分じゃなかったと思うけど、、、

けっこうリアルだった。

 

やせこけたクマがおねーさんを見かけて

ガォーッって追いかけて、

おねーさん血みどろでした。

 

あ、お正月からやな場面sweat01

 

その前まで男の子が就職活動してる夢だったのに、

なぜか主役が女に代わってしまった。

(就職活動ってとこが自分の不安を反映してるのか??)

 

徹夜明けの夢がこんなんじゃ

目覚めも悪いはずだbomb

| | コメント (0)

ここはお正月じゃない

明けました、2006年、、、

でも台湾はまったくといっていいほど

新年の雰囲気ゼロ

カウントダウンのイベントとかあったみたいだけど

やっぱり旧暦の1月1日が来ないと

盛り上がらない

 

しかもこっちは12月31日締め切りのレポートに追われ

新年のことなんてどーでもよかったし。

 

なのに、なのに

見てしまった、、、紅白歌合戦

PCテレビの功罪。

レポートに書くことが思いつかなくなるとすぐつけてしまい、

結局最後まで見ちゃったよっ。

 

おかげでレポートを先生にメールしたのは

朝の4時半

おまけに参考文献つけずに送っちゃったし。

マイナスかも、成績

ま、いっか、提出したことに意義があるのさっ(!?)

 

元旦だしのんびりしたいけど、

次は修論だぁいshockcryinggawk(三連発)

この前の、先生とのミーティングでは

けちょんけちょんに言われちゃいました。

「こんなんじゃ全然だめだよ、

論文書いたことあるの?

 

 

職探したくなりました。

 

でも院には学費かけちゃったし、

とりあえず、修了しなきゃね。

 

あ、新年から暗いわ

が~んばっweep(ダメ押し)

| | コメント (0)

ここはお正月じゃない

明けました、2006年、、、

でも台湾はまったくといっていいほど

新年の雰囲気ゼロ

カウントダウンのイベントとかあったみたいだけど

やっぱり旧暦の1月1日が来ないと

盛り上がらない

 

しかもこっちは12月31日締め切りのレポートに追われ

新年のことなんてどーでもよかったし。

 

なのに、なのに

見てしまった、、、紅白歌合戦

PCテレビの功罪。

レポートに書くことが思いつかなくなるとすぐつけてしまい、

結局最後まで見ちゃったよっ。

 

おかげでレポートを先生にメールしたのは

朝の4時半

おまけに参考文献つけずに送っちゃったし。

マイナスかも、成績

ま、いっか、提出したことに意義があるのさっ(!?)

 

元旦だしのんびりしたいけど、

次は修論だぁいshockcryinggawk(三連発)

この前の、先生とのミーティングでは

けちょんけちょんに言われちゃいました。

「こんなんじゃ全然だめだよ、

論文書いたことあるの?

 

 

職探したくなりました。

 

でも院には学費かけちゃったし、

とりあえず、修了しなきゃね。

 

あ、新年から暗いわ

が~んばっweep(ダメ押し)

| | コメント (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »